ふくおか子育てパーク

« ふくおか『子どもの育ち』支援フォーラムが開催されます♪ | メイン | 模様替え »

24時間ウォーキング

2013年10月03日

131003.walk2.jpg
早いもので、9月ももう終わり。
話は変わりますが、私、ここ数年、毎年挑戦していることがあります。今年は、9月21日から22日にかけて挑戦しました。今回、それを通して感じたことがありますので、それを書かせていただきます。

私がチャレンジしていることとは、24時間ウォーキングです。ともかく24時間歩いて、時間が来たところがゴール。そして、次の年はそのゴールしたところからスタートして、また24時間歩くことを繰り返していくのです。今年9回目の挑戦となります。
1回目が十年前で、思い出づくりに突然「歩くこと」を思いつき、何も準備せず、いきなりタオルと水筒、ラジオを持って自宅を出発しました。
案の定トラブル続きで、ボロボロ状態(半べそ状態)で歩きました。
その時総歩行距離53辧

それ以来、この夏の一回のチャレンジのために、時間をみつけて歩くようにしたところ、二回目以降、七十卍度は歩けるようになりました。
しかし、今年度は、職場の異動等を初めとする諸事情で、ほとんどというか全く歩くことができず…いや、怠けて歩かず当日を迎えてしまいました。

当日は、日頃の練習不足をカバーするため、これまでの経験の反省を生かして、マメ防止パットや足裏痛軽減グッズ等、小手先の対処法をいろいろと準備してのぞみました。このような取組も確かに効果を発揮したのですが、最終的な問題は、日頃の練習で如何に体力・筋力をつけていたかという事。
で、今回の結果は…岡山県備前市の三石駅(兵庫県との県境付近)から兵庫県加古川駅までの総歩行距離60辧

今回の挑戦から、私が何を学んだかというと…、これまでの経験での反省を生かし、よりよく改善していくことは当然大切なことですが、本番に向けた積み上げ練習が必要だ、ということです。地道に、そしてコツコツと、目標に向かってしっかりと積み上げる…つまり、「ローマは一日にして成らず」「千里の道も一歩から」の実践こそが大切であるということです。

25年度も前半が終わりました。後半も主催事業等が盛りだくさんですので、今回の経験を生かして、先を見通してコツコツと準備を進めていくことのできる(一所懸命な)生活にしていきたいと考えています。

投稿者 Kosodate : 2013年10月03日 14:48

コメント

24時間歩いているときは、どんなことを考えていますか?歩き始めのころは「あそこまで歩いたら休憩にしよう」とか元気に体が動くと思います。だんだん疲れてくると、やっぱり「無」の状態になったりするのですか?
自分の限界にチャレンジされていて、ちょっと挑戦してみたいような・・・
最終ゴールはどこなんですか?それに向かって、ぜひ頑張ってくださいね!遠くから応援しています。

投稿者 hana : 2013年10月08日 10:43



コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.