ふくおか子育てパーク

« 2015年04月 | メイン | 2015年06月 »

2015年05月28日

外遊び

 晴れの日が続いていますね。わが子も毎日汗だくで学校から帰ってきます。もちろん水筒は空っぽです。それでも、真夏に比べたらまだまだまし。なるべく子どもには外で遊んでほしいので、近所の公園へ行くようにしています。

誰もいないときもありますが、この日は低学年の子ども達がたくさん遊びに来ていました。公園の真ん中にある木にみんなでよじ登って楽しそう!私も小さい頃、泥団子をつくったり、たんてい(福岡ではケイドロ?)をしたり、毎日いっぱい公園で遊んだなぁと懐かしくなりました。

150528park.jpg


事故が起こる度に遊具は撤去され、禁止事項の看板だらけの公園もありますね。今まで見た中で一番驚いたのは、砂場のふちに「砂を砂場から出さないでください」と書かれた立て看板があったこと。砂場で遊ぶだろう小さい子どもの顔の高さの立て看板を作ることが一番危険なんじゃない?と思ってしまいました。

最近では、子ども達が公園でゲームをしている姿もよく見かけますね。毎日習い事やスポーツチームの練習という子もいます。子どもにとって危険であることは親としては避けたいところですし、よその子が何かで活躍しているとすごいなぁ!と思ったりもします。が、そういう大人の思いが行き過ぎてないかな?とたまに振り返ることも必要ではないかなと思います。

自由に、のびのびと遊べる場所が増えたらいいですね!  (管理人F)

投稿者 Kosodate : 13:30 | コメントする

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.