ふくおか子育てパーク

« 2015年05月 | メイン | 2015年08月 »

2015年06月27日

医療費

 先日、小学生の娘が朝起きてくるなり「のどが痛い」と言いだしました。前日まで外で元気に走り回っていたし、熱はない様子でしたが、大事を取って学校をお休みしました。

病院で診ていただいたところ、「溶連菌感染症」との診断。そういえば、私も3月の末に溶連菌感染症になったし、春ごろに上の子たちものどが痛いと言っていたなぁと思い出し、先生にお尋ねしたところ、それはちょっと調べてみた方がいいかもしれないですね。とアドバイスをいただきました。

 中学、高校生になると、熱がなく、少し喉が痛いくらいでは病院へ行こうとしません。部活動が遅くまであったり、学校が遠かったりで診療時間内に病院へ行くことが難しい状態でもあります。

でも、溶連菌を放置して重い合併症になったら大変!ということで、二人を説得し、病院へ連れて行きました。結果は見事に感染中(^_^;) お薬をたっぷりいただき、学校でも絶対飲むとよ!飲まないともっと大変なことになるかもよ!と半ば脅して(^_^;)治療しました。

 それにしても、3人分の診察費&お薬代のかかること!小さい頃より風邪をひいたりすることは少なくなっていますが、ただでさえお金のかかる年頃の子ども達。ちょっとの風邪なら病院行かなくてもいいか。。。という気持ちになってしまいます。

 そんなことを思っていたら、つい最近の新聞で「福岡県が子どもの医療費補助の対象を小学6年生まで拡充することを検討」というニュースを目にしました。必要な人が必要な医療を受けられるように、ぜひ実現してほしいなぁ!と思います。(管理人F)

hatsunetsu_kodomo.png

投稿者 Kosodate : 14:45 | コメントする

2015年06月10日

ガムっ!!!

久しぶりにやらかしてしまったお話です。
運動会も終わり、翌日はいいお天気だったので、気分よく洗濯物を干していました。
しかし、私を待っていたのは、洗濯物にべったりとくっついた「ガム」・・・
6着の服のあちこちについていました。

150610gam.jpg


思えば前日の運動会、普段はあまり食べないガムを、妹の応援に来た中学生の次女が噛んでいたなぁ。そうそう、何度か紙おむつを洗濯しちゃってあの時も大変だったなぁ。でも今となってはもういい思い出だわ〜♪などと一瞬、現実逃避。

しかし、ついたものをなんとかせねばなりません。
インターネットで調べると、まず出てきたのは、「凍らせれば取りやすくなる」との情報。早速、冷凍庫の中身を整理し、服を凍らせてみました。
が、洗濯しちゃってますからね、そう簡単には取れません。
(ちょっとついたくらいなら凍らせるといいそうです)
次に出てきたのは、「サラダ油で溶かせる」というもの。
半信半疑でしたが、サラダ油をしっかり服にしみこませてもみ洗いすると、何とかガムをすべて取ることができました。
その後、洗濯機を掃除し、2回洗濯機を回して無事終了。半日がかりの大仕事でした。
ちょっとだけ洗濯機と冷凍庫がきれいになって、よかったんですけどね。

もちろん、夕方帰宅した犯人は、お灸を据えられました。  (管理人F)

投稿者 Kosodate : 10:58 | コメントする

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.