ふくおか子育てパーク

« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月02日

「大きくなったら何になる?」

 先日、小学1年生のわが子に「お母さんは小さい頃、何になりたかった?」と尋ねられました。実は私、保育園児だった頃にちょっと失敗した絵を保育士さんに褒めてもらったのを真に受けて「絵描きさんになるっ!」と思っていたので、「絵描きさんだよ」と答えると、「絵描きさんって何?」と言われました。

 「絵描きさん」が通じないのか・・・何と説明したらわかるんだろう?と少々困りながら、「絵を描いて、それを売ってお金をもらうんだよ」と言うと、「なーんや、お母さんお金が欲しいんやろー!」と笑われてしまいました(^_^;) 私、金の亡者みたいに思われたのかもしれません。

 私は「仕事」には2種類あると思っています。それは、「お金をもらってする仕事」と「人としての役割の仕事」です。自立した生活を送るために働いてお金を稼ぐことはとても大切なこと。それと同じように、家事や育児や地域の役割などのように収入にはならないけれど、日々を暮らすための役割も大切だと思っています。

 「お金がほしいんやろー」と笑った我が子にとって、今は大きくなってなるものは、なりたいからなるものなのでしょう。大きくなるにしたがって、自分の目標を考える時に、どちらか一方の仕事に偏ることなく、どちらも大切にできる大人になってほしいなと思った出来事でした。

それにしても、「絵描きさん」は何と説明したらよかったのかしら。。。 (管理人F)

投稿者 Kosodate : 14:42 | コメントする

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.