ふくおか子育てパーク

戻る

2008年03月31日

ありがとうございました(管理人T)

〈最後に〉
 実は、私「管理人T」は、本日をもって社教センターの勤務を終えることになりました。
 1年間、どうもありがとうございました。「ふくおか子育てパーク」をご覧いただいたみなさまに厚くお礼を申し上げます。
 今後は、異動先でみなさまと同じ「ふくおか子育てパーク」の読者として関わらせていただきたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 

投稿者 Kosodate : 10:54 | コメントする

2008年03月30日

アメリカ研修14日目

DSC00062.JPGDSC00540.JPGDSC00551.JPG 今日は、アメリカ研修の14日目について書きます。
 この日は、とうとうキャンプ場をあとにする日でした。朝6時30分に朝食をとり、10時にキャンプ場を出発しました。10時までの間、キャンプに参加したアメリカの子どもたちやスタッフと別れを惜しみました。きっと、もう二度と彼ら・彼女らとは会うことができないだろうと思うと、とても寂しい気がしました。キャンプ場を出て、出発の時と同じホテルに泊まりました。ゆっくり、個室のトイレや風呂を使うことができて、うれしかったです。そして、次の日アメリカを発ち、日本に戻りました。この研修は、一生忘れない大切な宝物になりました。

 これまで、アメリカ研修で経験したことを日記形式で書きました。少しは、楽しく読んでいただけたでしょうか。読んでいただいた方々ありがとうございました。

投稿者 Kosodate : 16:59 | コメントする

アメリカ研修13日目

DSC00518.JPGDSC00523.JPGDSC00561.JPG今日は、アメリカ研修の13日目について書きます。
 この日は、3泊4日のバックパックの疲れがあるため、朝食を10時にとりました。その後、モーニングアクティビティは、全員でドッジボールをしました。そして、明日キャンプ場を出発するので、バッグに荷物を詰めて帰る準備をしました。この日がキャンプ場での最後の夜になるので、全員でダンスパーティーを屋外でしました。全員、ハイテンポのリズムにのって、最後の夜を楽しみました。


投稿者 Kosodate : 16:53 | コメントする

アメリカ研修12日目

DSC00514.JPGDSC00515.JPG
今日は、アメリカ研修の12日目について書きます。
 この日は、テントを朝から撤収してキャンプ場を出発しました。コロラドで有名なケービング(洞窟探検)をするためです。ところが、洞窟の入り口までいったのですが、雨天のため、安全面を考えて中止になりました。途中、何とか観光できる場所はないかと、スタッフが探してくれたのですが、あいにくよい場所がなく、そのままベースキャンプ場に到着しました。3日ぶりにシャワーを使うことができ、とてもうれしかったです。

投稿者 Kosodate : 16:47 | コメントする

アメリカ研修11日目

DSC00473.JPGDSC00492.JPGDSC00500.JPG 今日は、アメリカ研修の11日目について書きます。
 いよいよ登山をする日です。午前4時に起床、4時30分に朝食をとり、5時にキャンプ場を出発しました。真っ暗な中、懐中電灯を照らしながら、5時15分に登山開始しました。20分ぐらい登る毎に休憩をとり、水分を補給しました。しだいに、まわりが明るくなる中、ゆっくりしたペースで登りました。しかし、次第に登りがきつくなり、最後の1時間近くは、3Mほど登ると膝に手をついて「はあはあ」言いながら登りました。きっと、これが「空気が薄い」ことだと実感しました。登り始めてちょうど7時間後の12時15分に山頂に着きました。大変、感動しました。その後、昼食をとり、約半分の3時間30分ぐらいかけて下山しました。「よく頑張った」と自分自身思いました。今日も、夜ぐっすりとアダムと二人で眠ることができました。


投稿者 Kosodate : 16:40 | コメントする

アメリカ研修10日目

DSC00449.JPGDSC00450.JPGDSC00452.JPG 今日は、アメリカ研修の10日目について書きます。
 この日は、午前中から夕方まで「レッドビル」というアメリカで最も標高が高い場所(3,179M)にある都市のフェスティバルを見学しました。日本と似た形で出店が出ており、中には東洋系のものも売られたりしていました。ここで、私は思いきって一つチャレンジしました。そのチャレンジとは、一人で喫茶店に入ったことです。ドキドキしながら、英語で注文をしてジュースを飲みました。日本でもめったに一人で喫茶店に行かない私にとって、大冒険でした。おまけに、喫茶店でトイレを借りて戻ってくると、伝票がなくなっていたので、慌てて店の人と片言の英会話をして支払いを済ませました。おかげで、いい思い出になりました。その日の夜は、明日の登山の説明がありました。そして、昨夜のような雨の被害に遭うこともなく、一晩眠ることができました。

投稿者 Kosodate : 16:33 | コメントする

アメリカ研修9日目

DSC00395.JPGDSC00419.JPGDSC00429.JPG 今日は、アメリカ研修の9日目について書きます。
 今日から、3泊4日のバックパックです。前回のバックパックは、中学生以上の男子というグループでしたが、今度は、年齢も小学生低学年から高校生まで集まり、女子も男子もいました。午前11時頃車に分乗して出発しました。途中、公園で昼食をとりました。アメリカの公園は芝生がとてもきれいでした。その後、再び移動して「洞窟探検」をしました。大きな岩の隙間にできた所から下に降りて探検をしたのです。とても面白い体験をしました。
 そして、この日から3日間テントを立てて泊まるキャンプ場に着きました。私は、スタッフのアダムと二人で二人用テントを立てて寝ました。実は、この夜、ちょっとした出来事がありました。この日はあいにくの雨でした。夜中2時頃、「どうも背中が冷たいな」「ちょっと湿っているな」と思ってシュラフの中を触ると、なんと雨が入り込んで背中がぐっしょりと濡れているではありませんか。慌てて、隣で寝ているアダムを起こして、テントに水が入り込んでいることを伝えました。そして、私はとなりに停めてある車に避難することを伝え、移動しました。それから急いで濡れた服を着替えて寝ましたが、あまりの寒さのため、朝まで眠れませんでした。アダムは、他のテントが大丈夫か確かめた後に再びテントで寝ました。こうして、バックパック1日目が終わりました。

投稿者 Kosodate : 16:25 | コメントする

2008年03月28日

アメリカ研修8日目

DSC00266.JPGFH010008_1.jpgDSC00288.JPGこんにちは。今日は、キャンプ8日目を書きます。
 この日のモーニングアクティビティは、「プラント ザ フラッグ」を選びました。このアクティビティは、真っ白い旗の大きさのシーツに各自で好きな絵や文字を書いて、山に登りそれをみんなで張るというものです。まず、レクホールに集まり、マジックで好きな絵や文字を書きました。そこで、スタッフや子どもたちに、自分の名前を漢字で書いてくれと頼まれました。アメリカの人にとっては、漢字はとても興味ある文字のようでした。そこで、当て字ではありますが、フラッグに漢字の名前をたくさん書きました。その後、車で山のふもとまで行き、そこから40〜50分かけて頂上まで登りました。頂上からは、キャンプ場が一望でき、景色がとてもよかったです。みんなで旗を張り、記念撮影をしました。
 アフタヌーンアクティビティは、「LOW ROPES」を選びました。これは、キャンプ場の敷地内で、木と木の間にクモの巣状にロープを張って、そこをみんなで協力してくぐり向けるなど協力して進めるアクティビティでした。
 イブニングアクティビティは、「スキットナイト」でした。最初に「ジャパンナイト」といって日本から参加した子どもたちの歌や踊りを披露しました。次に、キャビン毎の寸劇などの出し物がありました。どのスキットもとても盛り上がりました。
 こうして、8日目のキャンプが終わりました。

投稿者 Kosodate : 15:22 | コメントする

アメリカ研修7日目

DSC00181.JPGDSC00187.JPGDSC00249.JPG こんにちは。今日は、キャンプ7日目を書きます。
 この日のモーニングアクティビティは、「乗馬」を選びました。馬に乗って小高い丘を登り、馬場へ行きました。そこで、馬で初めて疾走しました。最初なかなか上手く走ってくれませんでしたが、ようやく慣れて走ってくれました。走った時は、振り落とされそうになった時もありましたが、とても気持ちよかったです。
 アフタヌーンアクティビティは、プールを選びました。プールは、幅は狭いのですが、中央付近は深く、足が届かない深さでした。アメリカのスタッフ等の大人は、プールサイドで日光浴をしている時が多かったです。子どもたちは、元気にプールの入って遊びました(もちろん、私はプールの中で遊びました)。
 ファイブオクロックアクティビティは、各自で選択できました。私は、釣りコースへ行き、池で子どもたちが釣りをするのを見ていました。パヤッキングをする池には、魚がたくさんいることがわかりました。
 イブニングアクティビティは、「カジノタイム」でした。大人も子どももみんな、キャンプ場に持ってきた中のおしゃれな服を選んでレストランに集合しました。レストランでは、人間スロットマシーン、ポーカー、ボール当て等、趣向を凝らしたカジノゲームができるようにしていましたので、大人も子どももとても楽しめました。
 こうして、7日目のキャンプが終わりました。


投稿者 Kosodate : 14:39 | コメントする

2008年03月22日

アメリカ研修6日目

DSC00146.JPGDSC00154.JPGFH010023_1.jpg〈キャンプ6日目〉
 こんにちは。今日は、キャンプ6日目について書きます。
 久々にキャンプ場で朝食をとったあと、午前中はモーニングアクティビティとして、パヤッキング(一人用カヌー)をしました。このアクティビティは、以前やっていたので、だいぶん慣れており、スムーズに漕げました。そして、子どもたちと一緒に競争したり、楽しく過ごしました。
 昼食後、アフタヌーンアクティビティは、どろんこ大会でした。馬を飼っている場所へホースで水をまいて、泥だらけにした後、レースをするのです。スタッフも入り、大人も子どもも泥だらけになりました。これも、アメリカらしいなあと思ったアクティビティです。泥だらけの体は、近くの川できれいに洗い流したのでした。
 その後、スナックタイムをとり、ファイブオクロックアクティビティでは、じゃんけん勝ち抜き大会を行いました。前に二人ずつ出てきて、じゃんけんをして、勝った人が勝ち抜きでチャンピオンを決めるのです。アメリカのじゃんけんも「グー、チョキ、パー」でしたが、「じゃんけんぽん」とはさすがに言わず、「ロック、ペーパー、シザーズ、シュート」と言って勝負しました。残念ながら、私は2回戦で負けました。
 その後、自由時間がありましたので、フリスビーなどをして交流しました。
 夕食後、グリーンチーム対ブルーチームに分かれて、「水風船合戦」をしました。色でチームを分けますので、顔や腕などにみんなペイントをしました。風船の中には、色を混ぜた水が入っていましたので、当てられると体中に色がつくという具合です。しかし、これもアメリカらしいなあと思いましたが、誰も汚れたとは言わずに、むしろ楽しんでいたように思います。
 その後、キャンプファイヤーをしました。まず、みんなで運んだ大きな木をスタッフが適当な形に組みました。そして、導線をつくり火をつけました。その後、大きく燃え上がった火の前で、写真を撮ったり話をしたりして過ごしました。日本で私が経験したキャンプファイヤーとは違い、ただ、火のまわりで話をして過ごすだけのものでした。(まわりに燃え移るものがないので、大きなスケールで火を燃やしていました)。
 キャンプファイヤー後、みんなキャビンに戻り就寝しました。この日は、とても多くのアクティビティをした一日でした。

投稿者 Kosodate : 10:55 | コメントする

2008年03月13日

アメリカ研修5日目

DSC00124.JPGDSC00127.JPGDSC00133.JPG みなさん、こんにちは。今回は、キャンプ5日目、2泊3日のバックパック最終日を書きます。
 今日は、朝のうちにキャンプ場を出発するため、起床後、簡単な朝食を済ませ、テント撤収や出発準備にとりかかりました。そして、初日、車で到着した場所まで歩いて移動しました。しばらくすると、キャンプ場の責任者「クリストファー」が運転したバスが到着し、そのバスに乗って帰りました。行きの車は、ぎゅうぎゅう詰めの状態でしたが、帰りはゆったりと座れた上に、元のキャンプ場に戻れるので、とてもうれしくニコニコでした。キャンプ場に到着すると、全体の荷物を整理をして、キャビンへ移動しました。そして、自分の荷物整理をした後、急いでシャワーを浴びました。3日ぶりのシャワーの気持ちよかったこと。その後、すぐに昼食を食べに行きました。実は、帰りのバスの中で、クリストファーがみんなに「昼食は何がいい?」と聞いていました。数名が「ハンバーガーがいい!」と答えたので、「OK!」ということになり、昼食は、ハンバーガーが中心のメニューでした。久しぶりに、キャンプ場で食べる食事は、おいしかったです。
 午後は、アフタヌーンアクティビティで全員ライフルをしました。ゆっくりと時間をかけて、ライフルのアクティビティができました。
 アフタヌーンアクティビティの後は、スナックタイムでした。近くの簡易ストア(小屋)でジュースやおかしを買った後、すぐ横の芝生に座っておしゃべりをしながら食べるのです。この時間は、アメリカらしいなあと思いました。
 スナックタイム後は、ファイブオクロックアクティビティでドッジボールをしました。アメリカのドッジボールは、外野がなく、内野だけでした。そして、複数の空気が入っているボール、入っていないボールを使って当てあうのでした。投げられたボールが当たれば、その人は外に出て、横に作った味方の列に並ばなければなりません。そして、味方の誰かが相手にボールを当てたら、列の一番先頭の人は、再び内野の入ることができ、プレーできるのです。ちなみに、自分が投げたボールを相手にキャッチされたら、投げた人は、外に出て、味方の列に並ばなければなりません。その他、キャッチしているボールを使って、投げられたボールを避けてもOKというルールもありました。
 ファイブオクロックアクティビティの後は、野外で夕食をとりました。ホットドッグ、ハンバーガーや焼きマシュマロを食べました。その後、レクリエーションホールで映画を見ました。コロラドに関係した西部劇でした。
 その後、キャビンに戻り、久しぶりにベッドで休みました。

投稿者 Kosodate : 10:29 | コメントする

2008年03月11日

アメリカ研修4日目

FH000009.jpgFH000014.jpgFH000016.jpg みなさん。こんにちは。キャンプ4日目を書きます。
 4日目は、朝ゆっくり起きて、まず火をつけるためにみんなで木を拾い集めました。その後、カウンセラーの「チェイス」と「コール」がホットケーキを作ってくれました。山で食べる食事は、とてもおいしかったです。朝食を食べた後、雨が続くようなので下山することになり、テントを撤収するなど、下山準備に入りました。昼食をとり、2時に下山を始めました。下山は2時間半ぐらいで終えました。しかし、登山ほどではありませんが、とてもきつかったです。下山してからのキャンプ場は、最初に集合した「スウィートウォーターレイクリゾート」でした。テントを張った場所は、昨日までのキャンプ場とは違い、簡易トイレが近くにありましたが、水場が近くにありませんでした。そのため、カウンセラーが汲んできてくれた水だけしかありませんでしたので、水が大変貴重でした(スウィートウォーターレイクという名前のとおりにキャンプ地のすぐ横には、大きな湖があったのですが)。その後、近くにケーブ(洞窟)があるということで、テントを張ったあと、ケーブ探検に行きました。昔の人が生活したのではないか?と思われるような洞窟でした。その後、戻って夕食をとり、9時過ぎに寝て、バックパック2日目を終えました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 14:51 | コメントする

2008年03月05日

アメリカ研修3日目後編

FH000024.jpgFH000025.jpg ようやくキャンプ地にたどり着き、それぞれのグループでテントを立てることになりました。私は、14歳の少年「ローリィ」と「オースティン」の3人でテントを立てました。テントを立て終わったとたん、また雨が降り出したので、テントの中で、3人で過ごしました。そこでは、片言の英語で、アメリカのこと、日本のことなどを約2時間半程たくさん話しました。その後雨が上がり、みんなで近くの森から木の枝を集めて、火を燃やす準備をしました。雨が降ったため、乾いた木があまりなく、木に火をつけてもなかなか火がつきにくかったです。夕食は、カウンセラーの「チェイス」と「コール」が作ってくれました。(このバックパック中は、このカウンセラー2名が食事をすべて作ってくれました。)山の上の広い大地で食べた「スープ」は、冷えた体を温めてくれて、とてもおいしかったです。しばらく火を囲んでみんなで話をしていましたら、辺り一面、次第に霧につつまれたのです。すると、突然誰ともなくその霧に向かって、みんなそれぞれ走り出しました(映画のワンシーンみたいで、おもしろかったです。もちろん、私も一緒にやりました)。このバックパックでは、最低限の食料と器材をみんなで分担して持ってきただけでした。そのため、水や燃料等の大切さがわかりました。また、水や燃料等は、自然の中から調達して過ごせることも知りました。そして、使用した水等は、一ヶ所に穴を掘ってその中だけに入れるようにして、環境に配慮しました。ちなみに、水は、近くの池のそばから湧き出している清水のみでしたので、そこから水を汲んできました。トイレはありませんでしたので、まわりの木陰を探して、用を足しました。もちろん、シャワーなどはありませんでしたので、この2日間は、雨にぬれてもそのままでした。夜は、とても寒く冷えた上、テントの屋根から雨がポタンポタンと落ちていたので、寝袋にくるまっていてもなかなか眠れませんでした。こうして、大自然の中で過ごしたバックパック1日目が終わりました。(管理人T)


投稿者 Kosodate : 13:36 | コメントする

2008年03月01日

アメリカ研修3日目前編

FH000006_1.jpgFH000005_1.jpgFH000003_1.jpg みなさん。こんにちは。3月になりました。今月最初のほっと一息を書きます。
〈キャンプ3日目 前編〉
 いよいよ3日目は、2泊3日のバックパックの出発日です。朝食後、キャンプ場で全員が自分の荷物の中に、食材やテントやフライパンなどを分担して詰め込む作業を行いました。タダでさえ2泊3日の重たい状態の上に、荷物が更に重たくなりました。その後、キャンプ場から車で10マイルほど揺られて「スウィートウォーターレイクサイドリゾート」という大きな湖があるキャンプ場に到着しました。そこでは、引率のカウンセラー2名の「チェイス」と「コール」が作ってくれたライスペーパーに野菜等を包んだようなものを食べました。昼食をとった後、いよいよ出発です。登りはじめから、まわりの景色はとてもきれいでした。「さすがロッキー山脈だなあ」と思いました。そして、歩き始めて20分ほどして最初の休憩をとりました。そこで、チェイスがみんなにレインギア(コート)を着るように指示しました。まだ、雨も降らずに曇りの状態だったんですが、しばらく歩くと本当に雨が降ってきました。しかも、次第に大雨になり、道を水が流れ落ちている状態の中登っていくことになりました。おまけに、道のあちこちに牛(と思われる)の大きな緑色の糞があり、とても歩きにくい状態でした。登山そのものが大変きつい上、コンディションも悪く、20分おきにとる休憩では、水分を必ず補給するとともに、「はあはあ」言いながら膝に手をついていました。約5マイルの道を4時間ほどかけて登り、ようやくキャンプ地へたどり着きました。とてもうれしかったです。次回は、この続きを書きます。(管理人T)


投稿者 Kosodate : 15:04 | コメントする

2008年02月19日

コロラドキャンプ2日目後編

DSC00242.JPG
〈キャンプ2日目 後編〉
 「アフタヌーンアクティビティ」後、17時ぐらいから、男子は、翌日からの2泊3日のバックパックに出かけるために準備をしました。夕食までの時間、用意してもらった大きなリュック(バックパック)に2泊3日の着替えや準備物を詰めました。しかし、それまでの時間では、準備できませんでしたので、夕食後の活動後に再び準備をしました。その時に、同室のデルがカラビナ2つと水筒一つ貸してくれました。とてもうれしかったし、バックパック中、これがとても役に立ったのでした。
 実は、私は、「アフタヌーンアクティビティ」の前に、オフィスに呼ばれて、責任者の一人のゲールから話がありました。私は、キャンプ場では、「タカ」と呼ばれました。正確には、「タァカァ」というような発音で呼ばれていました。それは、次のような話でした。「タカ、明日から2泊3日のバックパックがあります。車で山のふもとまで行きますが、それから先は、引き返せません。そこは、とても高くてキツイ山です。そして、一人一人重いリュックを担ぎます。もし、あなたが途中で脱落してしまった場合でも、誰も助けることができません。大丈夫ですか?」ということでした。私は、「大丈夫だろうか?」とちょっと心配になりました。そこで、「大丈夫と思います。」と答えたら、ゲールが、近くのリョックを指さし「これを担いで、キャビンまで一往復してみなさい。それで、大丈夫かどうか教えてください」ということです。私は、言われるまま、一人、重たいリュックを担ぎ、キャビンまで一往復しました。「確かに重たいですが、大丈夫だ。」と確信してから、ゲールに「大丈夫です。」と答えました。「わかりました。じゃ、明日一緒に行くようにしましょう」と言ってくれました。テスト?を何とかパスしましたが、どうも、私が若者ではない「おじさん」だったので、心配だったようです?!

投稿者 Kosodate : 12:53 | コメントする

2008年02月10日

コロラドキャンプ2日目前編

DSC00099.JPG
 みなさん。こんにちは。2月最初のほっと一息を書きます。
〈キャンプ2日目 前編〉
 アンダーソン ウエスタン コロラド キャンプ場で初めての朝を迎えました。昨夜のうちに、同室のデルに何時に起きるかを確認して、7時30分に起きました(見知らぬ土地で、海外の人と一緒に寝たのは、初めてでした)。
 そして、初めてキャンプ場の食堂で朝食をとりました。キャンプ場内での食事は、コーンフレークやパンなどが多かったことを覚えています。朝食後、前に「ほっと一息」の中でも書きましたが、キャンプディレクターのケーシーが前に出てきて、なにやら大きな声で長く話を始めました。最初、何が何だかわからない状態でしたが、そのうち、朝食後の「モーニングアクティビティ」をみんなに説明していることがわかりました。私は、日本ではなかなかできないであろう「ライフル」を選びました。それから、ライフル場に移動して、初めてライフルをしました。ライフルは、危険なので必ずうつ伏せになってから、弾を込めたり射撃をしたりしました。そして、リーダーの指示に必ず従いました。「なかなか、当たらないものだな」という感じでした。
 その後、食堂で昼食をとりました。そして、昼食後も「アフタヌーンアクティビティ」の説明があり、選択をしました。ここでは、「プレイヤッキング」を選びました。いわゆる、カヌーみたいなものです。昼食後、近くの池まで移動して、活動しました。近くの小屋でライフジャケットを身につけ、プレイヤッキングをしました。楽しく漕げましたが、この池は足が底に届きませんので、必ずライフジャケットが必要と感じました。夏でしたが、水は冷たかったです。
 ちなみに、夕食後の活動は、「キャプチャー ザ フラッグ」でした。これは、キャンプ場に集まったキャンパー全員を2つのチームに分けて、上の広場で隠した旗を奪い合うという活動でした。夕暮れから、夜にかけて、みんなが赤組と青組に別れてました。その色分けは、顔や手足に塗ったペイントです。「アメリカらしいな」と思いました。私も、顔にペイントして、広い土地を走り回って楽しみました。夜の9時まで活動した後、シャワーを浴びて明日の準備をしてから寝ました。無事、2日目のキャンプ生活が終了しました。
 次回は、ここでは書ききれなかった2日目の後編を書きます。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 19:31 | コメントする

2008年01月26日

コロラドキャンプ1日目

DSC00091.JPG 
みなさん。こんにちは。少し、前回から間があいてしまいましたね。
 今回から、アメリカ研修について、14日間を振り返って日記風に書いてみたいと思います。
〈キャンプ1日目〉
 デンバーのホテルにアンダーソン ウエスタン コロラド キャンプ場から2人のお迎えが来てくれました。一人はデルで、もう一人はローラでした。後でわかりましたが、デルとは、キャンプ場の同じキャビンで寝泊まりをすることになるのでした。車で3時間近く走った後、ようやくキャンプ場に着きました。そこは、木が点在している大きな山が目の前に広がり、近くに川が流れているキャンプ場でした。
 キャンプ場に着いて、まず、現地の方と簡単な紹介等を行いました。その後、キャンプ場をぐるっと一周案内してもらいました。各キャビンには、早く到着したアメリカの子どもたちがいたので、簡単なあいさつをして握手をしました。以前、ほっと一息にも書きましたが、途中で雨が降り出したので、大きなブルーシートをみんなで持って、再びキャビンまで移動しました。とても不思議な面白い体験でした。
 自分の荷物を整理した後、初めての夕食をとりました。アメリカの子どもたちやスタッフの方に囲まれて食事をしたので、ドキドキしたことを覚えています。テーブルは、自由席でそれぞれのテーブルにカウンセラー等のスタッフがついて、子どもたちのお世話をしてくれます。
 食事の後、レクホールでスタッフの紹介とスタッフによる寸劇がありました。その寸劇は、キャンプ中の注意事項をおもしろおかしく演技をしながら伝えるといったものでした。
例えば、防虫スプレー等を必ず使いなさい。もし、使わずにキャンプ生活をしたら、こんな大変なことになりますよ、と言った具合の寸劇です。
 楽しい寸劇が終わった後は、キャビン近くのシャワー室でシャワーを浴びて寝ようとしました。しかし、この時2つの困ったことに気づきました。一つは、ベッドに自分の毛布等の寝具がないこと、二つは、トイレにトイレットペーパーがないので、もし使用したい時はどうするか、ということです。そこで、隣のキャビンまで行き、スタッフのチェイスに、自分の毛布等の寝具が欲しいこと、トイレットペーパーはどうするのかを聞きました。すると、チェイスは、自分が用意するから心配いらないよ、と言ってくれ、その後用意してくれました。後でわかったのですが、トイレットペーパーは、各部屋に置いておき、使用する人が部屋から自分でトイレに持って行くのでした。キャンプ場の初日に、「遠慮しては、ここでは生活していけない。恥ずかしがらずに、臆することなく積極的に行動することが大切なんだ」ということを実感しました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 02:23 | コメントする

2008年01月12日

新年あけましておめでとうございます

 みなさま。新年あけましておめでとうございます。
 今年、初めての管理人だよりを書きます。
 今年の管理人だよりの予定としては、アメリカ研修について、昨年は、キャンプ場等の概略を紹介いたしましたが、今年は、14日間を振り返って日記風に書いてみたいと思っています。
 それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 23:21 | コメントする

2007年12月27日

よい年をお迎えください

IMG_3073.jpg
 こんにちは。いよいよ今年もあとわずかになりました。福岡県立社会教育総合センターは、本日12月27日が仕事納めになります。写真は、大門松を飾っている玄関の様子です。みなさまには、今年も、「ふくおか子育てパーク」を御覧いただきありがとうございました。来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、みなさまよい年をお迎えください。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 12:32 | コメントする

2007年12月22日

第9回アメリカ研修「アクティビティ 2」

FH000020_1.jpgDSC00176.JPG

 こんにちは。管理人Tです。
 12月も残すところあと10日ほどになりましたね。みなさま、元気にお過ごしでしょうか。
 さて、今回は、アメリカ研修の続きを書きます。
 アンダーソン ウエスタン コロラド キャンプでは、以前紹介したアクティビティ以外にもたくさんのアクティビティがありました。今回は、「Playacking」と「Horses」の紹介をします。
 「Playacking」は、近くの池で行う一人用のカヌーです。カヌーを漕ぐ時に、ちょっとバランスを崩すとひっくり返るので、ライフジャケットを着用して行いました(この池の中心付近は、大人でも足が池の底につきません)。各自、楽しくカヌーを楽しみました。
 「Horses」は、乗馬です。乗馬は、初体験でした。こちらが乗り慣れていないせいか、馬場でスピードを出して疾走させることが難しかったです。また、馬場への往き来では、急な上り坂、下り坂がありました。私が乗った馬は、私が重かったのか、ちょっと辛そうにゆっくりと歩いていました。「重くてごめんね。がんばってくれよ。」と心の中でつぶやいていた私でした。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 16:05 | コメントする

2007年12月15日

センターゆずまつり

12月も半ばになりました。本日12月15日(土)に福岡県立社会教育総合センターにて「センターゆずまつり」が実施されました。この事業は、福岡県立社会教育総合センター施設開放事業として行われました。11のブース等でたくさんの来所者の方々に楽しんでいただきました。みなさん、どうもありがとうございました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 17:59 | コメントする

2007年12月08日

電車の風景

 12月に入り、どんどん毎日が過ぎていき、年末に近づきつつあります。「あれもしないと、これもしないと」と気ばかりあせっている毎日です。みなさんは、どうですか?
 さて、私は、普段、公共機関を使って通勤をしていますので、そのことに触れて書きます。
 私が勤務している福岡県立社会教育総合センターに一番近いJR駅は、篠栗駅です。この篠栗駅では、毎朝こんな光景が見られます。私が乗っているJR電車が篠栗駅に到着すると、その1分後ぐらいに、横のホームに停まっている博多行きの電車が出発します。電車の最後尾にいる車掌さんが、出発のベルの合図の後、電車に乗り込む人がいなくなったことを確認して、出発の合図を出して、ドアを閉め出発します。ちょうど、私が階段を上り始めるぐらいの時です。ところが、日によっては、ドアが閉まって電車が出発した後に、階段を急いで下りてくる人がいます。その人は、残念ながら電車に乗れません。その時、「あー」「あーあ」「いやー」「うそー」「えー」「しまったー」などの声が聞こえてきます。しかし、車掌さんが出発の合図を送り、ドアを閉めた後、階段を上る時、階段を降りる人と誰とも会わない時は、私は「ほっと」するのでした。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 09:38 | コメントする

2007年12月01日

第8回アメリカ研修「アクティビティ」

DSC00116.JPGtn_day8_006[1].jpg本日から、12月になりました。12月はまだ先という感じでしたが、今年もあと1ヶ月となりました。街を歩いていたら、あちらこちらでイルミネーションが目立ちます。
 さて、今回は、キャンプ場で用意されていたアクティビティ(一つ一つの活動)について書きます。アクティビティは、午前にモーニングアクティビティ、午後にアフタヌーンアクティビティが実施されました。朝食時にモーニングアクティビティ、昼食時にアフタヌーンアクティビティの希望をキャンプディレクターのケーシーが全員に前に立ってとります。キャンプ場に来て2日目の朝食時に最初の希望をとられましたが、まず、ケーシーが何を言っているのかわかりませんでした。「何を一生懸命、長く話しているのだろう?」という感じでした。3日目以降は、「あー、朝食と昼食時には、この後にするアクティビティの希望をとるのだなあ」ということがわかりましたが、それでも1対1で会話するのと違い、全体に対する説明を聞きとることは、なかなか難しかったです。
 ここでは、ライフルとラフティングのアクティビティの写真を紹介します。共に、日本では、なかなか体験できないアクティビティです。ライフルは、必ずうつ伏せになって、ライフルの操作をしました。15m程の距離の的をねらいますが、なかなか難しかったです。ラフティングは、川を下っていくのですが、途中止まって、大きな岩から5mぐらいの高さから水に飛び込みました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 13:03 | コメントする

2007年11月23日

第7回アメリカ研修「キャビン」

DSC00539.JPGDSC00535.JPG 今回は、キャンプ場のキャビンについて書きます。キャンプ場には、全15のキャビンがあり、女子キャビンと男子キャビンがあります。それぞれ、一つのキャビンが二つに分かれており、8名程度が泊まれる2段ベッドが中にあります。女子キャビンには、トイレ・シャワーがついています。男子キャビンには、トイレ・シャワーはついていません。そのかわり、中央部にトイレ・シャワーハウスがありますので、その都度そこまで行くことになります。私は、2週間、大学生スタッフのデルと一緒に二人でキャビンで寝泊まりしました。デルは、とても親切で、例えば、私が、翌日のバックパックの準備をしていたら、私に「水筒はいくつ持っている?」と聞いてくれて、「一つ持っている」と答えたら、「必ず二ついるから、一つ貸すから持って行って」と言って貸してくれました。その時、リュックと水筒をつなぐカラビナも貸してくれました。そのおかげで、無事バックパックを終えることができました。(管理人T)


投稿者 Kosodate : 13:46 | コメントする

2007年11月15日

ワクドキ体験カーニバル

点検 145_1.jpg点検 159_1.jpg 
11月11日(日)に県立社会教育総合センターにて、「ワクドキ体験カーニバル」が行われました。天気にも恵まれ、たくさんのご家族等にご参加いただきありがとうございました。
 この事業は、様々な体験活動をご用意して、物づくりの楽しさを知っていただき、豊かな心を育むことを目的に実施しました。「草木染め」「勾玉作り」「石釜パンづくり」「紙テープごま作り」「茶道体験」「うどん作り」「おもちゃ(とことこアニマル)工作」「動物ふれあい広場」「フィールドアドベンチャー」「クリスマスカード作り」「木の実工作」「わくわくフィルムシアター」「遊びの達人になろう」「科学体験」等の活動ブースで実施しました。写真左は、「クリスマスカード作り」の様子、写真右は、「遊びの達人になろう」の様子です。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 17:20 | コメントする

2007年11月03日

第6回アメリカ研修「食堂の風景」

tn_day1_002[1].jpgDSC00086.JPGDSC00087.JPG 







私たちが、キャンプ場に到着して、ぐるっと一回りをしていると、急に雨が降り出しました。案内をしてくれていたチェイスに「ここは、よく雨は降るの?」と聞いたところ、「めったに降らないよ」と言うことでした。(たしかに、その後、私たちがこのキャンプ場にいる間は、2度しか雨は降りませんでした。)チェイスから雨よけの上着を借りて、キャンプ場の入り口まで再び行きました。どんどん雨が激しく降りだし、入り口付近のテントでじっと待機していると、大きなブルーシートをみんなで支えている集団から「おいで」と声をかけられました。あわててその中に入ると、雨の中、みんなで、キャビンまで歩いていきました。まだ、キャンプ場について間もない時の不思議な何とも言えない体験をしました。
 雨が上がって、その日、キャンプ場で初めて食事(夕食)をとりました。10〜15人くらいのグループになって、木のテーブルとイスで食事をしました。まだ、見るもの、聞くものすべてが初めてで、どきどきしながら食事をしたことを覚えています。テーブルの両側には、カウンセラー等のスタッフが座り、後片づけや必要なお世話をしてくれます。 また、欲しいものがある時は、カウンターへ各自で取りに行きます。
 食事後は、全員でテーブルの上にイスを上げて出て行きます。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 23:52 | コメントする

2007年10月29日

子育てネットワークinふくおか2007

 10月27日(土)28日(日)に社教センターにて、子育てネットワークinふくおか2007が開催されました。2日間に渡り、とても、充実した交流集会になりました。期間中と終わった後のみなさんの笑顔がとてもよかったです。みなさん、ありがとうございました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 18:57 | コメントする

2007年10月25日

第5回アメリカ研修「キャンプ場2」

DSC00243.JPGDSC00244.JPG 久しぶりに、アンダーソン ウエスタン コロラド キャンプの続きをご紹介します。このキャンプ場では、男子が、メインロッジの上にあるキャビンで、女子は、メインロッジの下にあるキャビンで男女別々に生活しました。写真は、男子のキャビンから、メインロッジ方面を撮ったものです。毎日、この坂を何往復もして生活をしていました。ご覧のように、道は、広い草地の中を通っていくようになっていました。片道は、10分近くかかっていたと思います。そのため、私自身、余程のことがない限り、続けて2往復するということは、ありませんでした。写真から、その距離感は伝わりますか?(管理人T)

投稿者 Kosodate : 01:02 | コメントする

2007年10月20日

お弁当づくりに挑戦

 10月もあと10日ほどになりました。今、10月27日(土)28日(日)に開催いたします「子育てネットワークinふくおか2007」に向けて最終準備に入っているところです。
 さて、10月に入って、私は「間に合わないから、あなた作って!」との妻からの一言で、2度ほど一番下の娘のお弁当をつくることになりました。実は、お弁当をつくったことは、あまりありませんでしたので、ドキドキしましたが、とても勉強になりました。
 1度目は、おにぎりを作りました。2つ作りましたが、2つの大きさが多少?違っていることを妻から指摘されました。「きっと娘は、ゆるしてくれるだろう」と願い、気にしないように?しました。
 2度目は、タマゴサンドイッチを作りました。味付けが難しいなあ、と思いました。
 2度とも、「ちゃんと食べてくれるかな?」と気になりました。やはり、お弁当を作る人にとっては、お弁当を食べてくれるかどうかということは、気になるものですね。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 09:36 | コメントを見る

2007年10月16日

我が家の一昨日の出来事

 最近、朝晩は、めっきり寒くなってきましたね。みなさん、体調に気をつけてお過ごし下さいね。
 ところで、一昨日の日曜日の夜、こんな出来事がありました。
 一番下の4歳の娘が、寝る前に鼻をズルズルといわせていました。そこで、娘は、自分でティッシュの箱から数枚のティッシュを取り出して、鼻に当てていました。そこまで見ていた私は、少し別のことをしていました。しかし、しばらくしても、娘は、同じ動作を繰り返してなかなか止めようとしません。どうも変だな?と思って、「どうしたの?」とい尋ねると、なんと、鼻の右の穴に小さく丸めたティッシュが入り込んでしまっていました。娘は、それを一生懸命に取りだそうとしていましたが、取れずに逆にどんどん鼻の中に入り込んでいたのです。あわてて、私は止めさせましたが、その時、つい叱ってしまい、娘は泣き出してしまいました。そんな中で、私は、小さい頃に同じような経験をしたことを思い出し、「左の鼻の穴をふさいで、ふーんとしなさい」と言いました。しかし、上手くいきません。そこで、ピンセットを探しましたが、見つかりません。その間、娘は、また、一生懸命に自分で取りだそうとしていたため、また叱ってしまいました。また、前にも増して泣き出した娘を見ながら、「何か挟む物はないか」と焦りながら家の中を探し、「やっとこ」のような?工具を見つけ、先をよく拭き、その工具で無事、ティッシュを取り出すことに成功しました。ほっとしたとともに、娘に注意を払わなかったことや、つい叱ってしまったこと、備えが不十分であったことなどを反省しました。その後、娘に2冊の絵本の読み聞かせを久しぶりにして眠りました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 22:05 | コメントする

2007年10月09日

私の昨日の出来事

 昨日、2つの大きな出来事がありました。
 一つは、一番上の息子がしている少年サッカーのことです。実は、息子が所属しているサッカークラブは、今年20周年を迎えました。そこで、今回、記念大会を10月7日(日)、8日(月)の2日間の日程で行いました。これらの日は、台風が心配でしたが、みんなの熱意で台風を吹き飛ばし?大会を無事終了することができました。準備にも時間をかけましたが、記念大会にふさわしい指導者、保護者、選手等が一体となった、とてもよい大会であったと思います。
 もう一つは、長女とケンカをした?ことです。記念大会を終え、家に帰り、ほっと一息ついていたところ、妹とのことで長女と言い合いになりました。しかし、この日は、泣きながら断固として、長女は、こちらのいうことを聞きません。そして、途中、「私より、お父さんは妹のことがかわいいんでしょう。私のことは、嫌いなんでしょう」と言いました。私は、長女に「そうじゃないよ」ということを伝えたりしながら、最後は、きちんと話ができて、仲直りをしましたが、今までの自分を振り返り、反省をしました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 20:51 | コメントする

2007年10月01日

第4回アメリカ研修「キャンプ場」

FH010013_1.jpg いよいよ10月になりました。ようやく涼しく感じるこのごろです。今回は、いよいよ目的地のキャンプ場について紹介していきます。私が行ったキャンプ場は、アンダーソン ウエスタン コロラド キャンプという所です。デンバー市内から西にロッキー山脈へ向かって、約250?の距離に位置する所にありました。車での所要時間は、約2時間30分。標高1900Mに位置しています。約2万平方?に及ぶ、ホワイトリバー国立森林公園内のロッキー山脈の雄大な自然に囲まれています。この写真は、キャンプ場から見た山の風景です。ご覧のように、木がところどころ生えて山肌が見えている山です。今後、キャンプ場での生活を写真を交えてお伝えしていきます。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 20:24 | コメントする

2007年09月22日

お誕生会

 今回は、先日、一番下の娘の幼稚園に「お誕生会」に行ったことをお話しします。
 実は、妻から「今回、私は行けないので、あなた行って!」ということで行くことになりました。上2人の子どもの時には、一度も「お誕生会」に行かなかったので、今回のお誕生会(年少さん)に、大きな期待!と少しの不安?を抱えて行ってきました。
 集まったのは、5人のお母さんと一人のお父さん(私)でした。まず、6人の保護者と園長先生と「懇談(トークタイム)」を30分間しました。園長先生や他のお母さん方がとても身近に感じてよかったです。
 その後、「お誕生会」が年少さんみんなが集まる中、行われました。誕生月の園児の紹介や園長先生と年長園児さん(9月生まれ)の出し物などがあり、とても楽しいひとときを過ごせました。
 最後に、わが子のクラスで一緒にお昼ごはんを食べました。幼稚園での子どもの様子、まわりのお友達の様子(すぐに私に声をかけてくれたり、近づいてくれたりしてくれました)がわかって、とてもよかったです。また、一緒にお昼を食べたお母さん方といろいろなお話しができたことが、とてもよかったです。私は、たまに娘の迎えに行きますが、お迎えに来られた保護者の方とお会いすることがあっても、あいさつを交わす程度でしか接していませんでした。
 今回、「お誕生会」に行けて、よかったなあと思いました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 20:06 | コメントする

2007年09月17日

アメリカ研修第3回「トイレ事情」

DSC00068.JPG 今回は、アメリカの男子トイレについてお話しします。アメリカで驚いたのは、空港や店、そしてキャンプ場など、男子トイレは写真のように、ドアの下が大きくあいていることです。そのため、中に人がいることがよくわかり、いたずらなどはしにくいだろう?と思いました。しかし、下げたズボン等は、外からしっかり見えてしまいます。「日本では、プライバシーのことで、まずあり得ないことだなあ」「日本とアメリカの考え方の違いだなあ」と思いました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 09:27 | コメントする

2007年09月09日

第4回福岡県家庭教育支援者等セミナー

IMG_2723.jpg 本日、第4回福岡県家庭教育支援者等セミナーが行われました。今回は、講師に最上輝未子(もがみきみこ)先生に来ていただき、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション、コーチング等の技法を学びました。参加者の方からは、「今からすぐに活かせます」等の感想をいただくことができ、大変、好評でした。 (管理人T)

投稿者 Kosodate : 19:00 | コメントする

アメリカ研修 第2回

DSC00057.JPG 実は、7月24日(火)にデンバーに到着した後、ホテルへ行く少しの間だけ観光ができたので、コロラドロッキーズの本拠地に行ってきました。ロッキーズには、松井稼頭央選手がいますが、残念ながら球場の外からしか見られませんでしたので、会えませんでした。観客の中には、バットを持ってきている人もいて、日本とは雰囲気が違っていました。
(管理人T)

投稿者 Kosodate : 18:22 | コメントする

2007年08月28日

アメリカ研修 ちょっとひとやすみ 「誕生日」

 今回、「アメリカ研修」は、ちょっとひとやすみさせていただきます。
 実は、先日わたくしの誕生日でした。誕生日当日は、帰りが遅くなったので、2日後に家族にお祝いをしてもらいました。誕生ケーキを前に、私の横に座っていた一番下の娘が大きな声で「ハッピーバースデートゥーユー」を歌って、盛り上げてくれました。とても嬉しかったです。あとのお母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんは・・・。ご想像におまかせいたします。

投稿者 Kosodate : 00:50 | コメントする

2007年08月21日

アメリカ研修 第1回アメリカへ到着

夜明けの風景.JPGデンバー国際空港.JPG 

実は、7月24日(火)より8月9日(木)までアメリカに行っていました。今回は、アメリカのコロラド州のロッキー山脈にあるキャンプ場に行ってきました。今回は、飛行機の中から撮った夜明けの写真とバスの中から撮ったデンバー国際空港の写真を載せました。写真のように、雲の間から太陽の光が差し込んできた夜明けは、とてもきれいでした。そして、白いテント屋根が特徴的なデンバー国際空港は、ロッキー山脈の雪山をイメージしたそうです。今後、アメリカで見聞きしたり、体験したことをご報告させていただこうと思います。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 15:44 | コメントする

2007年08月12日

ただいま

 しばらく、お休みしておりました。無事、出張から帰ってきました。出張の間、「管理人H」が皆様の前に初登場する予定でしたが、どうしたことか登場していませんでした。「管理人H」は、決して忘れていたわけでもなく、さぼっていたわけでもなく、どうしても書けない事情があったようです。しかし、必ず、みなさまの前に登場するそうですので、もうしばらくお待ちください。
 私は、今後、長期出張の内容をみなさまにお伝えしていきたいと考えております。どうぞ、よろしくお願いいたします。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 17:22 | コメントする

2007年07月23日

ちょっと、ひとやすみ

 私こと管理人Tは、明日7月24日(火)より8月9日(木)までしばらくの間、出張に行ってきますので、「ほっと一息」は、少しの間お休みさせていただきます。出張から戻りましたら、みなさまに、ご報告させていただこうと思います。
 そのかわり、私がいない間、「管理人H」が今回みなさまの前に「初登場」いたします。どうぞ、ご期待ください。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 10:06 | コメントする

2007年07月18日

昨日の「我が家」と「社教センター」

 昨日、我が家でこんなことがありました。朝、私が5:30ごろカーテンを開けていました。すると、一番下の3歳になる娘が「いま、あさ?よる?」と目をこすりながら眠そうな声で起きてきました。私が、「今は、朝だよ。でもね、まだ寝てていいよ」と言うと、素直にまた布団に戻り、寝ました。「自分も小さい頃、あんまり早く寝た時など、起きた時が朝なのか夜なのかわからないことがあったなあ」と思い出しました。みなさんは、そんな経験ありませんか?
 また、昨日、「平成19年度福岡県家庭教育支援者等セミナー第2回」が福岡県立社会教育総合センターで行われました。家庭教育アドバイザーの方々や担当職員の方々等が参加されて、2つの講義演習を通して、「『早寝、早起き、朝ごはん』実践のためのプログラム」や「コミュニケーションのスキル」について理解を深めました。また、福岡県立大学の小松啓子教授の講話を通して、「おいしく朝ごはんを食べる家庭にするため」の理解を深めました。「とても参考になり、楽しかった」などの声が聞かれました。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 21:41 | コメントする

2007年07月11日

駅でほっとした風景

ご無沙汰いたしております。先日、ほっとする風景がありました。私は、電車通勤しています。終点駅で降りてホームを歩いていると、途中の車両から20代ぐらいの男性がふらふらっと降車してきました。その時、その男性は、ホームと電車の間に携帯電話を落としてしまいました。一瞬の出来事だったのか、本人はそのことに気づいていないようで壁に寄りかかっていました。私は、そのことを先頭車両の運転手さんに伝えに行ったところ、もう一人20代ぐらいの女性の方が同じように伝えに来られました。その後、携帯電話は、駅の係の方が網で拾い上げ、無事男性の元に戻りました。その間、私と一緒に男性の近くにいた女性の方は、「大丈夫ですか」「携帯電話を落としましたよ」など声をかけられていました。その後、三人は改札口でわかれましたが、通勤の途中で見知らぬ方に対してとった女性の行動は、すがすがしく、ほっとした風景でした。(管理人T)

投稿者 Kosodate : 18:09 | コメントする

2007年05月30日

消防訓練

消防.jpg  
5月29日(火)に県立社会教育総合センターで第1回消防訓練が行われました。糟屋中部消防署の方から御指導いただき、写真のような消火訓練を行いました。実際、火は燃えていませんでしたが、消火器での消火訓練は、いざというときのために、真剣に行いました。職員全員、防火意識と緊急対応の徹底が図られました。

(管理人T)

投稿者 Kosodate : 16:40 | コメントする

2007年04月27日

レンゲの風景

玄関前縮小.JPG道路縮小.JPG北縮小.JPG米の山縮小.JPG
みなさん、こんにちは。今、社教センターのまわりでは、きれいな花が咲いています。たとえば、社会教育総合センターの玄関に…。また、社会教育総合センターに続く道路に…。そして、その道路の両側には、レンゲの花が…。その向こうには、緑の山々が…。とても、いい季節ですね。私は、日々心が洗われています。みなさん、どうぞ、社会教育総合センターにお越しください。
(管理人T)


投稿者 Kosodate : 15:24 | コメントする

2007年04月20日

はじめまして

こんにちは。はじめまして。今年度から管理人になった管理人Tです。
今後とも、よろしくお願いいたします。
ちなみに、3児のパパです。

投稿者 Kosodate : 20:51 | コメントする

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.