ふくおか子育てパーク

戻る

2017年04月08日

お絵かきしりとり

 またまた、最近の我が家の流行りの(?!)遊びシリーズです。

 うちの子、車に乗っているときや待ち時間、暇な時間などによく「しりとりしよう!」って言うんです。でも最近は普通のしりとりじゃつまらなくなってきて、時間があまり持ちませんでした。そこで始めてみたのが「お絵かきしりとり」です。

 ルールは簡単。絵で伝える事としゃべっちゃダメということです。もちろん子ども相手ですから、少しはヒントを出したりもしますよ。
 というわけで、先日行われた私たちのしりとりご覧ください。皆さんに伝わるでしょうか?
(1か所、勘違いしたまま進んでいる部分がありますが・・・)

oekakisiritori.jpg

 正解は、(しりとり)→りんご→ごま→マンゴー→ゴレンジャー
   (ここで子どもは「5」と誤解)
   →ゴリラ→ラッパ→パイナップル→ルービックキューブ→
   →鰤(ぶり)→リス→スイカ→カメラ→ラクダ→だっこ→こども→
   →桃→森→理科室→(おでん)つんつん男
でした。

 途中、ゴリラではなく「ゆるきゃら」だと思ったのですが、さいごの「ら」が同じという奇跡的な繋がり方もありました。最後はさすがに私もギブアップしましたが、子どもが発想することについて、考えてみるのもなかなかおもしろいですよ。(管理人F)


 

投稿者 Kosodate : 13:29 | コメントする

2017年04月03日

新年度スタート

センターの桜の花もやっと開き始めました。
新年度、皆さまはいいスタートが切れたでしょうか?

新しい場所で新しい暮らしを始める時は、自分でも気が付かないうちにストレスがかかっているのだそうです。早く慣れようと思えば思うほど、みんなと仲良くなろうと思えば思うほど、上手くできないことがあると思います。

それは子どもも大人も同じ。

「今日、上手くいかなくても、きっと明日は上手くいく」
と呪文を唱えて、今年の桜のようにのんびりとスタートしましょう。

今年もよろしくお願いします。(管理人F)

170403sakura.jpg


投稿者 Kosodate : 17:15 | コメントする

2017年03月14日

はじまりの日

 1月は行く、2月は逃げる、3月は去るというように、今年もあっと言う間に3月になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
春は出会いと別れの季節です。卒園・卒業や転勤などではじめて友人との別れを経験するお子さんもいらっしゃるでしょうね。

 さて、私は先日、小学校で読み聞かせボランティアのメンバーと共に6年生へ贈る最後のおはなし会をさせて頂きました。テーマは「友達」。まじめな物語や子ども達も参加できるペープサートなども交えて、45分間のプログラムを考えました。

 その中で紹介した本に「はじまりの日」という本がありました。

 この絵本は、昨年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんが創られた「FOREVER YOUNG」という曲を元に描かれたものです。英語の歌詞をアーサー・ビナードさんが翻訳されているのですが、6年生へ贈る言葉としてとても素敵なものでした。

 きみが 手をのばせば
 しあわせに とどきますように

 実は、私はボブ・ディランさんの曲を聞いたことがありませんでした。もちろんお名前は知っていましたが、ノーベル文学賞の報道を聞いても「へぇ」くらいにしか思っていませんでした。この絵本の元になっている曲は他の彼の楽曲とは趣が異なっているかもしれません。なので、この曲だけで彼がなぜノーベル文学賞に選ばれたのかについてまで正しく理解することは出来ないのですが、平和への思いがつまった素敵な曲と絵本です。どこの図書館にもあるのではないかと思います。ぜひ一度手に取ってみてください。(管理人F)

投稿者 Kosodate : 12:58 | コメントする

2017年01月16日

ちりめんじゃこ

毎日寒い日が続いていますが、お子さんとどんなふうに遊んでいますか?
我が家では今「ちりめんモンスター探し」が流行中!
といっても、私と小学生の二人だけなんですけど。

昔は食用のちりめんじゃこの中に小さなエビとかイカが入っていることがあったんですが、最近はなかなか見かけなくなってきましたね。普段スーパーで買い物するときにも、何か混ざっていそうなものを探していたのですが、なかなか出てきませんでした。先日珍しく、小さなタコちゃんが入っていたことがあり、うちの末っ子が「すごーい!」と喜んでいました。そこで、もっと楽しませてみようと思い、ちりめんじゃこの中から別の生き物を探す専用のちりめんじゃこ(笑)を取り寄せてみたところ、すっかりはまってしまったというわけです。

一番喜んでいたのは、タツノオトシゴ!とタチウオです。魚も色々な種類のものが混ざっていて、写真入りのパンフレットとにらめっこしながら名前を調べたりしています。まぁ、一番楽しんでいるのは私なんですが。。。

春になったら、磯遊びや釣りにも連れて行きたいなぁ!早く暖かくなってほしいいなぁ!と、待ち遠しい今日この頃です。

170111chirimon.jpg  (管理人F)


「チリメンモンスター」という名称は、きしわだ自然友の会の登録商標で、ネイチャーおおさか(公益社団法人 大阪自然環境保存協会)さんのWEBサイトに詳しく掲載されています。

投稿者 Kosodate : 11:02 | コメントする

2017年01月05日

あけましておめでとうございます

皆さま 新年あけましておめでとうございます

福岡では、暖かいお正月となりましたね。
朝早くから初詣や福袋に並んだ皆さんも、例年より少し過ごしやすかったのではないかと思います。

我が家のお正月。
親戚が集まる中、毎年恒例の獅子舞がやってきました。
(近所の若者たちが一軒一軒回ってくれます。)
小さかった頃は怖がって泣いていた子ども達も、すっかり大きくなってもう泣く子はいません。そんな姿に成長を感じつつ、ちょっとさびしいような気もします。

さて、今年も「ふくおかの子ども育成支援フォーラム」の開催日が近づいてまいりました。
 とき:平成29年1月22日(日)
 場所:福岡県立社会教育総合センター
まだ、お申し込みがお済みでない方は
こちら
からお申込みください。

皆様のお越しをお待ちしております。 (管理人F)

170101_115210.jpg


投稿者 Kosodate : 13:28 | コメントする

2016年12月13日

紙おむつ

 先日、託児ボランティアをされている方とお話しする機会がありました。その方によると、最近はお子さんをお預かりする際に、保護者の方におむつ交換のタイミングをうかがうようにしているというのです。

 その理由は、最近の高性能(?)紙おむつ。

 「3回分は吸収できる!」「おしっこをしてもお尻はさらさら」などのフレーズをCMでお聞きになったことのある方もいらっしゃるでしょう。確かに、漏れずにしっかり吸収してくれて、肌がかぶれたりしないなら赤ちゃんにとっても良さそうと思いますよね。ただ、あまりにもそこが強調されると「1回のおしっこで替えたら(コスト的に)損」と感じてしまう方もいらっしゃるようで、託児者も気を遣うのだそうです。

 この話を聞いてすぐに「今どきの親は!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも私は、こういった商品を世に出す側の責任が大きいと思うのです。

 育児用品に限らず、今の時代、色々な研究が進み、昔に比べて良い製品が世に出されているはずと、私たちは信じているのではないでしょうか。でも実は、新しい商品をどんどん売らなければならない仕組みになっているのです。私には、使う人にとって何が本当にいいのか?を追及する製品づくりや売り方が重要視されていない気がしてなりません。

 特に、赤ちゃんは自分で自分に使うものを決められません。何をどういう風に使うべきなのか、大人が十分に考えてあげなくてはいけないですね。 (管理人F)

omutsu.png

投稿者 Kosodate : 11:14 | コメントする

2016年11月21日

財布を忘れた!

 我が家のパパの失敗談です。
 先日、福岡市内へ車で出かけて行きました。時間貸しのパーキングへ車を停めて用事をすませ、戻ってくるまでほんの数十分。さあ、帰ろうとしたところ、財布がない事に気が付いたそうです。さて困った、パーキングから出られない!皆さんならこんな時、どうしますか?

 普段乗っている車なら、小銭をいくらか車内に置いているそうなのですが、その日に限っておじいちゃんの車を借りていて、車内のどこにも小銭がありません。スマホは持っていましたが、あいにく私も仕事の日で家にいません。

 さてどうしようとしばらく考えていた時、ちょうど隣の車の方が駐車場に戻って来られたそうです。そこで事情を話し、名刺を渡して必ずお返ししますのでお金を貸してくださいとお願いしたところ、返さなくていいですよと200円出してくださったそうです。見ず知らずの方に親切にして頂き、無事に帰ってきました。(あのときの方、本当にありがとうございました!)

 私は普段からおっちょこちょいなので、車のキーと共に小銭を持ち歩き、車内にも数百円は隠してあります。それでもない時はきっと近くのお店などにお願いして貸していただくかなぁ。(お店なら返せるし)スマホ世代のわが子たちは、見ず知らずの方に声をかけて助けを求めることができるのかしら?などと考えてしまいました。

 今回、助けて頂いた方に直接お返しすることはできませんが、今度困っている方がいらっしゃったら、かけていただいた御恩を次の方にお渡ししたいと思います。そんな風にみんなの親切が回っていくといいですね。
car_lover_man.png


投稿者 Kosodate : 14:08 | コメントする

2016年09月24日

ゲームに夢中

 平成28年度も後半になりましたが、今年に入って一番の流行と言えば、街中で行われているスマホでのゲームがあげられるのではないでしょうか?私は未だにガラケーを使っているので、その面白さを理解していませんが、世界中の人が夢中になるのですから、魅力あるものなのでしょうね。

 私が夢中になっている「Game」は野球の試合。先日、知人から誘ってもらい、プロ野球の観戦に行ってきました。首位決戦の日でしかも席はヘルメットをかぶって観戦するようなグラウンドに一番近いシートです。普通にチケットを買えば、かなり高い席でしょう。本当に野球が大好きな人だけがそんな席に座っているのだと思っていたら、あれれ???私の前にはゲームをしている小学生の男の子が(^_^;)
 お父さんらしき方が隣で観戦されていましたが、その子はずっとゲームから目をあげません。ファールボールが飛んでくる可能性の高い席です。フェンスより前なので、臨場感が味わえる代わりに、注意が必要な場所です。幸い、ボールが飛んでくることはありませんでしたが、複雑な気持ちになりました。

 先日、子どもの遊びについての講演会に参加した際に講師から聞いたお話では、子ども達がTVやスマホなどのメディアで過ごす時間が短い子ほど、学力、自己肯定感、他者に対する思いやり、意欲などを示す数値が高かったそうです。

 大人の都合で、子どもにとって興味のない場所へ連れて行くこともあるでしょう。そこで静かにさせなければならないときにはゲームはとても便利な道具です。また、何も考えずにゲームをして過ごす時間がストレス解消になる場合もあると聞きます。しかし、その時の子どもにとって一番大切なのは何なのか?を考えてあげることはとても重要な大人の役目だと思います。大人でもついつい夢中になってしまうゲーム。気をつけたいものですね。 (管理人F)

160922baseball.jpg


投稿者 Kosodate : 11:51 | コメントする

2016年09月05日

子どもの居場所

 やっと夏休みが終わりました。子ども達は元気に幼稚園や学校などに通い始めたでしょうか?長期間の休暇や引っ越しなどで環境が変わってしまったために、行き渋りがあることも珍しくないですね。
昨年の今頃、どうしても自分の居場所が学校の中で見出せない子どものために、図書館においでと呼びかけるブログが話題になりました。その際、賛否両論あったと記憶していますが、多くの大人にとって、子ども達の現状を知る機会であったように思います。

 先日、私は子どもの居場所づくりについての講演会に参加してきました。子どもがありのままの自分でいられる場所をめざして、日々活動されているNPO法人の方のお話でした。
「ありのままの自分」
大人でも、自分のことなのによく分からなくなってしまうことがありますね。まして、子ども達にとって、それを自覚して行動することは、とても難しいのだと思います。いつの間にか自分でもわからないうちにストレスをため、上手く訴えることができないままに辛い日々を送っている子がいること。それを私たち大人は忘れてはいけないなぁと感じました。

 講演会の参加者の方で、就学前の子どもの発達支援のお仕事をされている方が、「他の子どもと一緒に居られるように支援することが、その子がありのままの自分でいられることを支援することになっていないのではないか?と心配になる時があります」と感想を話されました。子どもにとって何が一番いいのかをいつも考えながら、関わってゆくことが大切なのだなぁと気付かされた感想でした。支援の必要な子どもと関わる中で、周りの人間もだんだんと変化していき、誰もが生きやすい世の中になるといいですよね。(管理人F)
160828ibasho.jpg


投稿者 Kosodate : 15:54 | コメントする

2016年08月10日

野外炊飯に挑戦!

福岡は連日、猛暑日が続いています。
夏休みも中盤になりましたが、皆さんは「夏」を満喫していますか?

福岡県立社会教育総合センターには、幼稚園児から小学生のお子さんと保護者の方のグループが来られて、飯盒炊飯の準備をされていました。

午前中、近くの川でたっぷり遊んだあと、午後は定番のカレー作り。今日はスペシャルメニューで、ダッチオーブンでカステラと鳥の丸焼きも作るそうです。

小さい子から大きい子まで、誰一人嫌そうな顔をせず、自分に出来ることを頑張っていました。幼稚園児でも少しのサポートがあれば、力強く薪を割ることができるんですよね。水中メガネをつけて玉ねぎを切っている姿もとってもかわいいなぁと思いました。

こういう経験、沢山の子どもたちにさせてあげたいものですね。
福岡県立社会教育総合センターは、一年を通じて野外活動をすることができる施設です。ぜひご利用ください。(管理人F)
160810yagaisuihan.jpg


投稿者 Kosodate : 15:14 | コメントする

2016年08月01日

ダンボールでお店屋さん

長い夏休みも3分の1ほどが過ぎようとしています。
夏の思い出に、いろいろな所へ連れて行ってあげたいけれど、毎日というわけにはいきませんよね。皆さん、どんな工夫をされているのでしょうか?

最近、うちの子がはまっていたのは、お店屋さんごっこです。
段ボールで作ったお店はその名も「ほーくすめんやさん」
選手のイメージに合わせて、親子で色々な麺の商品名を考えてみました。
私の趣味と娘の遊びのコラボレーション。結構楽しかったです。

自分で工夫して遊べるし、段ボールは我が家にとって必需品になっています。
このお店を夏休みの工作の宿題にするには、大きすぎますが(^_^;)

160717danbo1.jpg

160717danbo2.jpg (管理人F)


投稿者 Kosodate : 10:11 | コメントする

2016年06月24日

宿題

梅雨空が続いていますね。外で遊べないので、放課後も何となく「まったり」「のんびり」過ごしています。まぁ、要するにダラダラとしているのであります(^_^;)

遊びに行く約束をしている日は、宿題に取り掛かるのも、やり終わるのも早いのですが、そうでない最近は、こちらから声をかけないと休憩しっぱなしです。

先日は、あんまりにものんびり時間をかけて漢字を書いていたので、あれあれ、途中で何かおかしくなっちゃいました。さて、どこがおかしいか、わかりますか?

宿題が終わると「〇」をつけるのは親のお仕事ですが、どうやらちゃんと間違い探しをしなくてはならないようです(^_^;)

160624shukudai.jpg   (管理人F)


投稿者 Kosodate : 14:16 | コメントする

2016年06月06日

新しいコンテンツ「みんなの子育てアイデア!」

ふくおか子育てパークに新しいコンテンツが誕生しました。
子育て中に起こる「困りごと」や「悩みごと」についてはこれが唯一正しい対処です!というものがない事が多いと思います。

「みんなの子育てアイデア」では、皆さんの体験を寄せて頂き、たくさんの方法や考え方の中から、ご自分やお子さんに合った方法を見つけてもらうためのコーナーです。

今、子育て真っ最中の方はもちろん、先輩パパ・ママやおじいちゃんおばあちゃんもぜひその経験を教えてください。皆さんが試行錯誤した経験が、今困っている誰かの役に立つかもしれません。

皆さまからのご応募お待ちしています!
「みんなの子育てアイデア」   (管理人F)

投稿者 Kosodate : 15:19 | コメントする

2016年05月24日

迷信

先日、「へそどろぼう」という人形劇を観ました。その中で、かみなりの子どもが地上に落ちてきて、「おへそをちょうだい」と言うシーンがありました。見終わった後、娘に「かみなりが鳴ったらおへそを隠すの知ってる?」と尋ねると、なんと「知らない」と・・・

私ったら、そんな大切なことも言い忘れていたなんて!!
大慌てで、雷が鳴ったらおへそを隠さないと盗られてしまうのよと力説しましたが、「うそにきまっとぉ」と取り合ってもらえませんでした。もう少し小さい頃に教えていればよかったなぁとちょっぴり後悔。

私は、こういう迷信の類には、不思議な力があると感じているのですが、皆さんはいかがでしょうか?

ころんでひざをすりむいたときに「痛いの痛いのとんで行け!」と言ってさすってもらったこと。夜に爪を切っちゃいけないと言われたこと。ぶつけたところが青くならないようにと砂糖水を塗ってもらったことなど、色々な言い伝えがありますよね。

いつかは「科学的でない」と知る時が来ても、何となくおっかないもの、守らねばならないもの、おまじないなどを心のどこかで信じていることも、良いものだと思うんですけどね。

ちなみに、青たんに砂糖水は、職場で「知らない」と言われたので、地方色が強いのかもしれません。(管理人F)
kaminari.png

投稿者 Kosodate : 15:40 | コメントする

2016年04月20日

「新年度もよろしくお願いします」

新年度になって、あっという間に3週間が過ぎようとしています。
入園、入学を迎えられた方や引っ越しなどで新しい環境になられた方は
まだ落ち着かない日々を過ごされていることでしょう。

先日の熊本での地震もまだまだ余震が続いていますね。
具体的なボランティア活動も徐々に動き始めたと聞きます。
多くの方の善意が被災された皆さまに届き、
一日でも早く、すべての方が安心して過ごせますようにと願っております。 (管理人F)

160420hana.jpg

投稿者 Kosodate : 11:36 | コメントする

2016年03月02日

「大きくなったら何になる?」

 先日、小学1年生のわが子に「お母さんは小さい頃、何になりたかった?」と尋ねられました。実は私、保育園児だった頃にちょっと失敗した絵を保育士さんに褒めてもらったのを真に受けて「絵描きさんになるっ!」と思っていたので、「絵描きさんだよ」と答えると、「絵描きさんって何?」と言われました。

 「絵描きさん」が通じないのか・・・何と説明したらわかるんだろう?と少々困りながら、「絵を描いて、それを売ってお金をもらうんだよ」と言うと、「なーんや、お母さんお金が欲しいんやろー!」と笑われてしまいました(^_^;) 私、金の亡者みたいに思われたのかもしれません。

 私は「仕事」には2種類あると思っています。それは、「お金をもらってする仕事」と「人としての役割の仕事」です。自立した生活を送るために働いてお金を稼ぐことはとても大切なこと。それと同じように、家事や育児や地域の役割などのように収入にはならないけれど、日々を暮らすための役割も大切だと思っています。

 「お金がほしいんやろー」と笑った我が子にとって、今は大きくなってなるものは、なりたいからなるものなのでしょう。大きくなるにしたがって、自分の目標を考える時に、どちらか一方の仕事に偏ることなく、どちらも大切にできる大人になってほしいなと思った出来事でした。

それにしても、「絵描きさん」は何と説明したらよかったのかしら。。。 (管理人F)

投稿者 Kosodate : 14:42 | コメントする

2016年02月17日

お弁当の日

 私にとって、子どもが小学生になって楽になったことの一つが、お弁当を作らなくてよくなったことでした。わが子の学校では毎日温かい給食を学校で作ってくださるので、子どもも「美味しいよ!」と言っています。

 とっても有難い「給食」ではありますが、年に数回は「お弁当の日」という取り組みがあり、小学生も中学生も自分の出来る範囲で自分で作ってみましょう!ということになっています。香川県の小学校の取組みから始まり、福岡でも実践されている所が増えているようですね。

 うちの子はまだ1年生なので、まずはメニューを考えて、一緒にお買いものに行くことから。調理は野菜を切ったり、ハムとチーズをくるくるまいたりと、主に火を使わないで出来る事をお手伝いしてもらいました。帰ってきてからお弁当箱を洗う事までがお弁当の日。私が洗った方が早いのだけれど、最後まで頑張ってできました。

 「お弁当の日」は、普段からちょっとづつ、食事を自分で作ることの楽しさや大切さを伝えていかなくてはいけないなと思いつつ、なかなか出来ていないことを反省させられる学校行事でもあります(^_^;)

 そんなことに取り組む一方で、先日、「給食に小さな虫が入っていたため、そのクラスではその1品を提供しませんでした。」というお知らせが届きました。今後このようなことが無いように・・・と校長先生のお詫びの言葉が書かれていたのですが、うーんと考えさせられてしまいました。

 金属片が入っていたとか、明らかに悪意のある異物が混入していたというのであれば、それは困ります。また、食物アレルギーを持つお子さんにとっては、ちょっとした間違いでも、あってはならない事です。でも、野菜に虫・・・どうなんでしょうねぇ。色々な考え方があるので、給食ではそうするしか仕方ないのかもしれませんが、我が家なら、虫をつまみ出してそのまま食卓にのぼるでしょうね(^_^;) 皆さんのご家庭ではいかがですか? (管理人F)                     
151214obento.jpg

投稿者 Kosodate : 09:54 | コメントする

2016年01月12日

スキー!

やっと冬らしい気候になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はこの冬、20年越しの願いがかない、スキーに行ってきました!
暖冬でどちらのスキー場も雪不足のために苦労されているようですね。普段ならスキー場までの道のりも、冬用タイヤ等を装着しないと行けないのですが、道中全く雪も凍結もなかったので普通タイヤでOK。これは私たちにはとてもラッキーでした♪

年末、初めてスキーをする我が子たちに、「寒いから下に暖かい物を着ないと大変よ!」と、フリース、スパッツ、靴下、ネックウォーマーを用意していたのですが、当日は気温15℃の晴天!「暑いよ〜」と多少のクレームも来ましたが、初スキーをとても楽しんでくれました。

止まることも出来ないのに勢いで滑っていく子、慎重に慎重に10cmづつ進む子(最終的には一番上達したかも?!)、ほぼ平坦な坂で滑れるようになり、それで満足しちゃう子と三者三様のスキーとなりました。

20年前に比べると、スキー板が短く太くなり、ウェアーも男女兼用できるようなデザインになっていて時の流れを感じましたが、一番驚いたのは、外国からの旅行者の方が多かったこと。せっかく日本での「雪体験」を楽しみに来られたのに、今年はちょっと残念だったかもしれないですね。(でも、楽しんでおられましたよ)

道具やウェアーのレンタル代やリフト代に散財してしまいましたが、親子でスキーに行くことはもう無いかもしれないので、とてもいい経験ができました。

sky.jpg
山の下には琵琶湖が遠くまで望めました!(管理人F)

投稿者 Kosodate : 11:35 | コメントする

2015年12月16日

自転車に乗れたよ

あっという間に時がたち、気が付けば12月。
管理人だよりも9月から更新がとだえていました。(スミマセン)

さてさて、私がママになった頃、誰かに(何かで読んだかも?)「親の役目は、子どもに対して、3つのものをとってあげること」と聞いたことがありました。

皆さん、何だと思いますか?

一つ目は「おっぱい」
二つ目は「オムツ」
そして三つ目は「自転車の補助輪」なのだそうです。

我が家の場合、1人目、2人目は、ともに、お友達の家に遊びに行って、1日で乗れるようになって帰ってきたので、全く苦労無しでした。
が、3人目・・・
お母さん自転車の練習するから見てて!というので、初めてお手伝いすることになりました。ほめて、おだてて、励ましていたのですが、なかなか乗れないまま、いつのまにか飽きて自転車は半分忘れられていました。

私も特に「練習しなさい」と言わずにいたら、2ヶ月ほどして、またふっと乗りたくなったのか、娘が自分で勝手に練習し始めると、偶然ひとこぎ出来た途端、「あ、乗れる!」と感覚をつかんだようで、あっという間に乗れるようになりました。

自分でやりたい、やってみようと思う気持ちのタイミングが大切なんだなと思った出来事でした。

暑くなり、外で見守るのが嫌だからと手を抜いた結果なので、親の役目を果たしたのかは疑問ですが(^_^;)、余計な熱心さを娘に押し付けなくてよかったよかった。 (管理人F)

151010_jitensha.jpg

投稿者 Kosodate : 15:45 | コメントする

2015年09月24日

きょうだいの不思議

 突然ですが、皆さんは何人きょうだいですか?実は私は一人っ子。きょうだい同士ってどんな感じなのか、さっぱりわかりません。

 先日、我が家の末っ子が黙々と工作をしていました。牛乳パックやおりがみを使って、出来上がったものをキッチンの壁にテープでペタペタ・・・「出来た!」というので、これは何?と尋ねると、「井戸だよ」とのこと。皆さん、これ、井戸ですって。

150919ido2.jpg

 なぜ彼女が井戸を作りたかったのかは分かりません、なぜ井戸が壁にくっついているのか?まぁそのへんのところは深く追求しないでいたのですが、しばらくして長女が帰宅し、「これ何と思う?」と聞いてみたところ、「井戸」と、一発で正解したんです。

 10歳違いの姉妹の中で、同じ思考システムが作動しているんだなぁと実感した出来事でした。

 ちなみにこの井戸は、冷蔵庫が開かないのですぐに撤去されました。(管理人F)


投稿者 Kosodate : 13:08 | コメントする

2015年09月16日

身近な生き物

 学校の授業で虫など身近な生き物を捕まえたのをきっかけに、これまで虫に興味のなかった娘が「虫かごが欲しい!」と言ってきました。実は虫が苦手な私。でも小さい頃にはトンボやチョウを捕まえていましたし、そういう経験はとってもいい!と早速、虫かごをもって近くの公園へ行きました。

 ところが、つい先日までたくさんいたはずの蝉の声もせず、トンボもいない・・・季節が変わるのは早いですね。その日はやっとコオロギ1匹を捕まえて、少し観察して逃がしてやりました。

 また別の日、公園で何人かの子ども達が盛り上がっているので、見せてもらうと、ザリガニで遊んでいました。どっちが強いか対決させたり、ザリガニにバッタやカエルを持たせたりetc… 少し残酷な気もしますが、みんなでこういう経験をすることは、きっと子どもの成長にとって必要なんだと思います。
150913zarigani.jpg

 後日、どうしてもカエルを捕まえたいと娘が言うので、お友達も一緒に近くの田んぼに出かけ、なんとか2匹捕まえることができました。名前はどうする?と尋ねると、「キキとララ!」(^_^;) というお返事。子どもってやっぱり面白い! (管理人F)


投稿者 Kosodate : 13:49 | コメントする

2015年08月07日

ほめ上手

 子どもは「ほめて育てると良い」と聞いたことがあります。
「ほめ方」もなかなか難しいもので、順位づけや評価を気にしすぎないように、気をつけなければいけないのですが、我が子の悪いところやできない事にばかり目が行きがちな場合は、「ほめる」ことを意識してみると、子どもの良い面を見つめることができるかもしれません。

 そう思ったのは、うちの子の担任の先生がとても褒め上手だからです。毎日頑張ったことを見つけて、小さいことでも褒めてくださっているようで、学校に行くのがとても楽しいようです。

 そんな担任の先生の影響か、わが子はちょっとでも私をほめようとします。
先日は「お母さんのお弁当おいしいね!」と言ってくれました。
そう言われると大人でも嬉しいですよね。
「何がおいしかった?」と聞くと・・・

「ちくわ!」

えっ?!ちくわってあの切っただけの竹輪?

その日、私は急いでいたので、中身にマヨネーズをちょいとつめただけの竹輪をお弁当の隙間に挟み込んだのでした。

「すごく美味しかった!」と満面の笑顔で言われて、苦笑いするしかない母でした。
(管理人F)
chikuwa.jpg


投稿者 Kosodate : 16:34 | コメントする

2015年06月27日

医療費

 先日、小学生の娘が朝起きてくるなり「のどが痛い」と言いだしました。前日まで外で元気に走り回っていたし、熱はない様子でしたが、大事を取って学校をお休みしました。

病院で診ていただいたところ、「溶連菌感染症」との診断。そういえば、私も3月の末に溶連菌感染症になったし、春ごろに上の子たちものどが痛いと言っていたなぁと思い出し、先生にお尋ねしたところ、それはちょっと調べてみた方がいいかもしれないですね。とアドバイスをいただきました。

 中学、高校生になると、熱がなく、少し喉が痛いくらいでは病院へ行こうとしません。部活動が遅くまであったり、学校が遠かったりで診療時間内に病院へ行くことが難しい状態でもあります。

でも、溶連菌を放置して重い合併症になったら大変!ということで、二人を説得し、病院へ連れて行きました。結果は見事に感染中(^_^;) お薬をたっぷりいただき、学校でも絶対飲むとよ!飲まないともっと大変なことになるかもよ!と半ば脅して(^_^;)治療しました。

 それにしても、3人分の診察費&お薬代のかかること!小さい頃より風邪をひいたりすることは少なくなっていますが、ただでさえお金のかかる年頃の子ども達。ちょっとの風邪なら病院行かなくてもいいか。。。という気持ちになってしまいます。

 そんなことを思っていたら、つい最近の新聞で「福岡県が子どもの医療費補助の対象を小学6年生まで拡充することを検討」というニュースを目にしました。必要な人が必要な医療を受けられるように、ぜひ実現してほしいなぁ!と思います。(管理人F)

hatsunetsu_kodomo.png

投稿者 Kosodate : 14:45 | コメントする

2015年06月10日

ガムっ!!!

久しぶりにやらかしてしまったお話です。
運動会も終わり、翌日はいいお天気だったので、気分よく洗濯物を干していました。
しかし、私を待っていたのは、洗濯物にべったりとくっついた「ガム」・・・
6着の服のあちこちについていました。

150610gam.jpg


思えば前日の運動会、普段はあまり食べないガムを、妹の応援に来た中学生の次女が噛んでいたなぁ。そうそう、何度か紙おむつを洗濯しちゃってあの時も大変だったなぁ。でも今となってはもういい思い出だわ〜♪などと一瞬、現実逃避。

しかし、ついたものをなんとかせねばなりません。
インターネットで調べると、まず出てきたのは、「凍らせれば取りやすくなる」との情報。早速、冷凍庫の中身を整理し、服を凍らせてみました。
が、洗濯しちゃってますからね、そう簡単には取れません。
(ちょっとついたくらいなら凍らせるといいそうです)
次に出てきたのは、「サラダ油で溶かせる」というもの。
半信半疑でしたが、サラダ油をしっかり服にしみこませてもみ洗いすると、何とかガムをすべて取ることができました。
その後、洗濯機を掃除し、2回洗濯機を回して無事終了。半日がかりの大仕事でした。
ちょっとだけ洗濯機と冷凍庫がきれいになって、よかったんですけどね。

もちろん、夕方帰宅した犯人は、お灸を据えられました。  (管理人F)

投稿者 Kosodate : 10:58 | コメントする

2015年05月28日

外遊び

 晴れの日が続いていますね。わが子も毎日汗だくで学校から帰ってきます。もちろん水筒は空っぽです。それでも、真夏に比べたらまだまだまし。なるべく子どもには外で遊んでほしいので、近所の公園へ行くようにしています。

誰もいないときもありますが、この日は低学年の子ども達がたくさん遊びに来ていました。公園の真ん中にある木にみんなでよじ登って楽しそう!私も小さい頃、泥団子をつくったり、たんてい(福岡ではケイドロ?)をしたり、毎日いっぱい公園で遊んだなぁと懐かしくなりました。

150528park.jpg


事故が起こる度に遊具は撤去され、禁止事項の看板だらけの公園もありますね。今まで見た中で一番驚いたのは、砂場のふちに「砂を砂場から出さないでください」と書かれた立て看板があったこと。砂場で遊ぶだろう小さい子どもの顔の高さの立て看板を作ることが一番危険なんじゃない?と思ってしまいました。

最近では、子ども達が公園でゲームをしている姿もよく見かけますね。毎日習い事やスポーツチームの練習という子もいます。子どもにとって危険であることは親としては避けたいところですし、よその子が何かで活躍しているとすごいなぁ!と思ったりもします。が、そういう大人の思いが行き過ぎてないかな?とたまに振り返ることも必要ではないかなと思います。

自由に、のびのびと遊べる場所が増えたらいいですね!  (管理人F)

投稿者 Kosodate : 13:30 | コメントする

2015年04月08日

たかが雑巾、されど雑巾

あっという間に桜の見ごろが過ぎてしまいましたね。
4月から幼稚園、保育園や学校に入園・入学する皆さま、おめでとうございます。
新しい先生やお友達と早く仲良くなれて、楽しい1年が過ごせるといいですね。

さて、新学期は何かと提出物が多いですが、皆さん大丈夫ですか?
私の数年前の失敗は、次女の家庭調査票の裏に長女の名前を書いていたこと。
1年後に手元に戻ってきて、自分のおっちょこちょいに呆れてしまいました。

そんな頼りない私にも、少しだけ譲れないものがあります。
それは、「雑巾」
私が子どもの頃は、≪使い終わったタオル≫で作るのが常識でした。が、最近は≪新品のタオルで≫と指定されることもあり、そうしてきました。ただし、買うのではなく、作っていくようにしていたんです。それは、物を大切にすることや何でも簡単に手に入ることに甘えないようにという自分への戒めと、それらのことは、我が子に伝えたいことでもあったからです。
子どもたちも小学校高学年になり、ミシンを使えるようになったころからは自分で作るようになっていました。
それがついに。。。高校生になった長女が安易にホームセンターで雑巾を買っていたのです。私に言うと怒られるというのはわかっていたようで、こっそりと。(バレバレですが)
知人に愚痴を言うと、「思春期の子どもが親のいう事ばかり聞いていたら、その方がおかしいよ。」と励ましてもらいましたが、私としてはやはり悲しかったです。時代遅れな母なのでしょうねぇ。 (管理人F)
150515zoukin.jpg

投稿者 Kosodate : 16:16 | コメントする

2015年03月12日

お手伝い

 忙しい毎日で、何が一番大変かと言えば、私の場合、食事の献立を考える
ことです。買い物に行ってもこれっ!というメニューが浮かばないで、スランプ
に陥ってしまうことがよくあります。

 そんな時に役に立つのが、学校の給食プリントや、当センターのレストラン
の献立表、いつも配達してくれるお弁当屋さんの1週間のメニューなどです。
これだと、主食だけでなく、副菜もいろいろ載っているので便利ですね。

 先日見たクイズ番組で、おかずを3品以上作る主婦の割合は58%と言っ
ていました。皆さん結構頑張っているのですね。私なんか、カレーの日は
カレーだけ。きっとこの先もカレーの日はカレーだけで、次の日もカレーだと
思いますが(^_^;) 
 ちなみに最終日はカレーうどんにしてしまうとお鍋を洗うのが楽♪ですよ。

 そんな手抜き大好きな母に「お手伝いする!」と言ってくれるのが我が家
の末っ子さん。先日は、餃子作りを頑張りました。

 上の子たちも小さい頃はお手伝いしてくれたものですが、大きくなったら
「時間がない」と言って全然やりません。末っ子が手伝ってくれるのもいつ
までかなーと思うので、余計に時間がかかってしまう!などと言わず、お手
伝いをお願いしています。もちろん餃子の形は悪いですし、床も掃除するこ
とになりますけどね。。。

 そんなところは手を抜かずに子どもと関わっていかなければと、自分に言
い聞かせています。(管理人F)

 150128otetudai.jpg
                                    

投稿者 Kosodate : 11:30 | コメントする

2015年01月08日

今年の目標

あけましておめでとうございます。
いつも「ふくおか子育てパーク」をご利用いただきありがとうございます。
今年も皆さまの役に立つ情報をお届けできるよう、頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

 さて、年の初めにあたり、何か目標を立てられた方も多いのではないでしょうか?
私は健康で1年を過ごすこと、そして安全運転を心掛けたいと思っています。急いでいたり、心配事があると注意力が散漫になりますね。元々があわてんぼうの私。慌てず落ち着いた行動のとれる「ちゃんとした大人」を目指してがんばります。そのために、「明日の朝起きてからやろう」と思わず、できる時に用事を済ませておくようにしなくては。。。

 目標は声を出して宣言するとよいと聞いたことがあります。みなさんも周りの方に今年の目標を宣言してみてはいかがでしょうか?   (管理人F)


投稿者 Kosodate : 15:15 | コメントする

2014年12月19日

手作りおもちゃ

毎日寒いですね!風邪予防に手洗いうがいしていますか?
冬になるとどうしても家の中にこもりがちなので、家の中で出来る楽しみとして、手作りおもちゃをつくって楽しんでみるのはいかがでしょうか?
ダンボールや布、粘土など様々な素材で簡単なおもちゃ作りの本がいろいろ出ていますよ。
ダンボールなら子どもに絵を描いてもらったり一緒に作れますね。子どもって狭いところに入るのがとても好きなので、秘密基地を部屋の片隅に作るととっても喜ぶと思いますよ。
私がはまったのはフェルトのままごとセット。甘いものが嫌いな私ですが、おしゃれなケーキを見るのは大好き。フェルトでどうやったら作れるのか?と考えながらケーキを見ている人はそんなにいないかな(^_^;) フェルトなら私のようなぶきっちょさんでもなんとか恰好がつきます。ただし、収納するときは虫に注意してくださいね。フェルトのケーキも食べられてしまいますから。 (管理人F)
141219omocha.jpg

投稿者 Kosodate : 16:18 | コメントする

2014年10月30日

ふくおか「子どもの育ち」支援フォーラム終了

半年間かけて準備をしてきました「ふくおか子どもの育ち支援フォーラム」が無事に終了いたしました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 基調講演では、「温かいつながりの中で、子どもたちを育む」〜子どもにやさしいまちをめざして〜と題して、岡山よりNPO法人子どもたちの環境を考えるひこうせん代表理事の赤迫康代さんにお話しいただきました。様々な取り組みを試しておられること、成功したことばかりではなく、苦労されていることもお話しいただきました。赤迫さんの人柄がとってもよく分かる講演でした。

 午後のテーマカフェに移る前の昼食時は、最終打ち合わせを兼ねて登壇者の方同士でお弁当を囲み、すでに楽しそうに話に花が咲いていました。事例発表の素晴らしさはもちろんですが、登壇者も参加者も、初めて参加される方も久しぶりの再会をされる方も、皆さんで顔を合わせての交流が持てたことが、何よりだったと思います。

 ふくおか子育てパークでは、皆様の活動がより豊かになり。地域に子育て支援の輪が広がるようにと願って運営してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

141025forum.jpg


投稿者 Kosodate : 16:07 | コメントする

2014年10月22日

ランドセル

先日、来年小学校へ入学予定の子ども達の健康診断に行ってきました。小学校の正門前には、ランドセルの会社の方がチラシを配っておられたのですが、我が家はすでに購入済み・・・ではなく、姉たちの使い終わったランドセルが2つもあるんです!しかも、6年間本当に使ったの?というくらいきれいな状態で。
というわけで、我が家の末っ子には「ランドセル2つも持ってる子いないよね〜♪」と、できればそれらをお使いいただくよう、洗脳中です。

ただし、ちょっぴりかわいそうな気もするので、ランドセルカバーを好きな布で作ってあげようかなぁと考えています。

そんなことよりも!歯医者さんと予防接種へ行くのが先でしょ!と、心の中でもう一人の私がささやいているんですが・・・
半年後のピカピカの小学生!にむけて、今から少しずつ準備を始めようとおもいます。(管理人F)

141017_randoseru.jpg

投稿者 Kosodate : 13:42 | コメントする

2014年09月24日

子どもと楽しむ「芸術の秋」

先日、地元で行われている「国際コメディ演劇フェスティバル」を見に行ってきました。

古い商店街の中のあちらこちらで、ワークショップやパフォーマンスが行われるのですが、ちょうど、プログラムの空き時間で、パフォーマーのお兄さんが話しかけてくれました。
とってもシャイなうちのオチビさんは、私の後ろに隠れたり逃げたりしていましたが、
根気よく(^_^;)接していただいたおかげで、徐々に慣れてきて、
パフォーマンスも楽しんで観ることができました。

生の舞台って、パフォーマーさんとお客さんの掛け合いでできています。
目の前で心を持った人間が一生懸命に演じている様子を見ることは、
TVでは決して感じることのできない体験を与えてくれると思います。

先日ニュースで、子どものコミュニケーション能力を高めるおもちゃとして
ロボットが紹介されていました。
いつかは、ドラえもんのような心をもったロボットが開発されるのかもしれません。
でも、今の技術のロボットに、本当に子どものコミュニケーション能力を高める働きがあるのかしら・・・と思ってしまうのは、私だけかな。

この「国際コメディ演劇フェスティバル」は地元の有志の方々が集まって、
手作りで行われているようです。10月5日まで行われるそうなので、興味のある方は是非♪

140924foot.jpg
やさしいフットボウズのお兄さんたち
                                              (管理人F)

投稿者 Kosodate : 11:40 | コメントする

2014年08月27日

ふくおか「子どもの育ち」支援フォーラム

 今年も福岡県立社会教育総合センターでは「福岡がめざす子ども」の育成に向け、家庭教育・子育て支援、体験活動支援等「子どもの育ち」に関わる個人や団体、行政担当者等が集い、学習や交流、ネットワークづくりを行うことを目的として、【ふくおか「子どもの育ち」支援フォーラム】を開催します。

日程は10月25日(土)、基調講演は岡山県で活躍されている、「NPO法人 子ども達の環境を考える ひこうせん」の赤迫康代さんです。

「NPO法人 子ども達の環境を考える ひこうせんは、
子どもと大人が 共に育ち合える環境づくりを目ざしています。
子ども達の笑顔がずっと続きますように・・・
みんなと一緒に幸せでいられますように・・・
たくさんの可能性を信じて 大きな空へ ひこうせんは飛び立ちました
夢をのせて・・・・・」  (団体HPより)

 私たちも共に育ちあう場として、「ふくおか子どもの育ち支援フォーラム」でつどい、語り合いましょう!

 現在、急ピッチで準備を進めております。近日中に申し込み方法などをHPにてお知らせできると思いますので、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。  (管理人F)
 

投稿者 Kosodate : 16:33 | コメントする

2014年07月22日

夏の食事

福岡ではやっと梅雨が明けました。
梅雨時期の安定しない気候とその後の急激な暑さで、体調をくずしそうになりますね。
私はクーラーの冷たい風がとても苦手なので、クーラーをつけたがる家族と室温調節の闘いの日々です(^_^;)

こう暑いと、お昼ごはんを簡単に麺類だけですませたいっと思う毎日ですが、なんとか知恵を絞って、バランスの良い食事を・・・と思います。
ポイントは、「温かい料理も食べること」と「食品数をたくさん取ること」
そうめんでも野菜やお肉をトッピングしたり、複数の食材で彩りよくすると食欲もそそりますね。
せっかくの夏休みなので、子どもたちにも活躍してもらって、みじん切りしたり、型でぬいたり、楽しい食事になるように心がけたいと思います。

140628_bibinba.jpg

先日は初めてホットプレートでビビンバ風にしてみました。
簡単で野菜もたっぷり。これにわかめのスープなどつけてみてはいかがでしょうか?

投稿者 Kosodate : 11:29 | コメントする

2014年07月09日

台風

大型で強い台風8号が、9日12時には九州の西にあって、北へ毎時25kmで進んでいます。今後、10日0時には進路を東寄りに変えて、10日12時には熊本県付近に上陸して東進し、11日9時には東海道沖に達する予報が出ています。
 
 皆様のお家では、台風に備えての対策はお済でしょうか?我が家にはちょっぴり困ったことがあります。それは、春の風物詩のときにも書かせて頂きました「ツバメちゃんたち」です。

 4月に住んでいたツバメちゃんたちはあっという間に大きくなり、巣だって行きました。が、実はその後も次々に別の(?!)ツバメがやってきて、我が家の車庫では現在も2組のツバメ夫婦が子育て中なのです。

明日からの台風に備えて、車庫のシャッターを閉めたいと思うのですが、親鳥が子どもたちのそばにいる時にタイミングよく閉めることができるだろうか。。。人間が近づくとすっと飛んで行ってしまうので、寝静まった頃に、そーっと閉めてやらねば。建物の外の巣にいるツバメちゃんたちは、巣を動かすこともできないので、どうか無事でいてくれと願うことしかできません。

みなさんのお宅にも、被害が出ないことをお祈りしております!

140709tubame.jpg

投稿者 Kosodate : 15:28 | コメントする

2014年06月25日

骨折しました

ついにやっちゃいました(^_^;) 骨折です。

思い返せば5年前、末っ子が6ヶ月ごろに紙おむつを替えていて、
横のテープを破ろうとして指がぐきーっとなったのが最初。
その時は、赤ちゃん抱えて自分の病院なんて(整形外科は込んでいるイメージ)と
3ヶ月くらいズキズキ痛むのに、ほったらかしました。
きっとこの時も折れていたのだと思います。
指先の形がすっかり変わってしまいましたが、痛みが消えたし、まぁいっか♪と放置していました。
 
 そして昨年、窓を閉めたときにおもいっきり指を挟みまして、やっと病院へいきました。
レントゲンを診た先生いわく、「折れてませんよ」 (私:よかった〜) 
先生「ただですね、内軟骨腫ですね」 (私:???)
先生「手術しますか?大腿骨から骨を移植して・・・」 (私:ひぃぃ。。。だいたいこつぅ)

怖がりの私はなんとか、なかったことに出来ないかと
逃避することばかりを考えてました。
急ぎはしませんよとおっしゃるので、家族と相談しますと答え、それっきり。
そうです。やはりほったらかしたんです。

先生が「ちょっとしたことで折れやすいので気をつけてくださいね」とおっしゃったのを
忘れたわけではなかったんですが、ついにやっちゃいました。

タオルで手を拭いていただけだったんですが、パキッと音がして・・・骨折です。
骨折が治らないと内軟骨腫の手術も出来ない(そもそも先生の日程が埋まっていた)
ということで、しばらくは不便が続きますが、自業自得ですね。

みなさんも、今できることは、今しましょう。
面倒くさいからと後回しにしていたら、もっと面倒くさいことになりますよ。
などと、私が言っても説得力ないと思いますが・・・
(管理人F)

140621kossetu.jpg

投稿者 Kosodate : 16:33 | コメントする

2014年06月20日

おりがみ

むかーし昔、中学生だった頃、友達と手紙を交換するのが流行っていました。
今ならlineというところでしょうが、当時は可愛いメモ帳をどう折るか!がポイントでした。
時は流れ、幼稚園児の娘が毎日お友達に手紙を書き、いろんな形に折って渡しています。
そんな彼女を見ていたら、私も何となく折り紙がしたくなりました。大人だから幼児には折れないものを作ってやろうと、夕食の準備も後回しにしてせっせと取り組み、立体折り紙完成。娘に見せると、ほんのちょっとだけすごいと言われ、投げ捨てられました(^_^;)

そんなところに帰ってきた中学生の姉からさらに衝撃の一言「鶴ってどう折るん?」・・・去年の修学旅行前にみんなで千羽鶴折ったんじゃなかったっけ?

最近はいろんな模様の折り紙がありますね。おしゃれな雑誌の1ページを切り取って使っても良いかも知れません。雨の日の過ごし方として、久しぶりに「折り紙」いかがですか?

(管理人F)

140617origami.jpg

投稿者 Kosodate : 13:52 | コメントする

2014年05月30日

しそジュース

つい先日まで、早朝はまだ寒いなぁ…とファンヒーターをつけてたのに、あっという間に初夏の陽気ですね。皆様、衣替えはお済みですか?
 この時期の私の楽しみは「しそジュース」先日スーパーで赤しそを見つけたので、早速作りました。
簡単な作り方
? 葉をよく洗って沸騰したお湯に入れる
? しばらく煮出して色が抜けたら葉を取り出す
? お砂糖を加えよく溶かし、粗熱が取れたらクエン酸を加える。

※葉っぱをちぎる作業なら小さいお子さんでも一緒に出来ますね。鮮やかな色になる瞬間をお子さんと一緒に楽しんでください。きっと大喜びしますよ。
140528shiso.jpg


クエン酸ではなく、お酢やレモン汁で作られるかたも多いですね。自分で作ると、お砂糖の量の多さにちょっとドキッとしてしまいます。夏バテ防止におすすめのしそジュースですが、飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。 (管理人F)


投稿者 Kosodate : 14:06 | コメントする

2014年05月14日

絵本の読み聞かせ

活字が大好きな私。子どもが小さい頃からよく図書館を利用しています。
娘が小学校に入った頃、他の地域の友人たちは、図書ボランティアとして子どもたちに絵本を読む活動を楽しんでいて、とてもうらやましく思っていました。
あるPTA講演会の際、たまたま客席でお隣に校長先生がお座りになったので、恐る恐るごあいさつし、「小学校に図書ボランティアがあったらぜひ参加したいです。」とつぶやいてみたところ、「保護者の方からのそういう提案をお待ちしてました。」とおっしゃっていただき、しばらくして図書司書の先生と打ち合わせすることになりました。小さい頃から図書館の育児サークルなどで知り合っていたメンバーに声をかけ、あれよあれよと言う間にボランティアグループ結成♪ 今年で7年目の活動に入りますが、毎回子どもたちの反応が楽しみです。道端であったときには、「絵本の先生!」と呼んでもらい、ちょっと恥ずかしいですが(先生じゃないんだよ〜)、気軽に話しかけてもらえる関係も嬉しく思っています。
先日、3年生に読んだのは「しりとりのだいすきなおうさま」の大型絵本。手遊び歌で大きくなったら何になる?をした後、「王様になりたい子はいますか?」と聞くと、4,5人の子が元気に手をあげてくれました。とっても素直な子どもたち、次は何を読もうかな?みなさんも絵本を楽しんでくださいね♪ (管理人F)

140429toshokan.jpg

この写真は図書館でおはなし会をしているところ(私ではありません)

投稿者 Kosodate : 13:37 | コメントする

2014年05月07日

どう見えてる?

 ゴールデンウィーク明けの今朝、幼稚園児の娘に「お母さんは幼稚園も小学校も中学校も高校も行かなくていいからいいなー」と言われました。「だってお母さんはもう全部行ったもん!今日はお仕事に行くんだよ。」と私が言っても、「いーなー。私もお仕事行きたい」と、やっぱり羨ましいらしいです。毎日、「お手伝いするっ!」と言っては邪魔をする娘ですが、どうやら彼女には私がとても楽しそうに見えているようです。・・・結構大変なんだけどな(^_^;)と、思いつつ、でも、辛そうとか、お母さんみたいにはなりたくないと思われていないみたいだから、いいのかもしれません。 (管理人F)

140428danngo.jpg
そんな、早く大人になりたい幼稚園児の作ったお団子

投稿者 Kosodate : 14:32 | コメントする

2014年04月23日

春の風物詩

春の風物詩と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか?我が家には二つあります。
一つ目はツバメちゃん。
何年か前から、我が家の車庫にはツバメちゃんたちがやってきて、子育てに奮闘しています。車にフンがいっぱい付くけど、餌になりかけた虫たちが落ちてるけど、ヒナが無事に巣立ってくれるまで、大家さんとして静かに見守っています。
時々定員オーバーで巣から落っこちてしまう子もいて、そんな時は人間の匂いがなるべくつかないように手袋をして、そっと巣に戻してやります。
そんな我が家が気に入ってくれたのか、毎年やってくるツバメちゃんは増える一方。家賃がもらえたらいいのだけれど・・・なんて冗談です。

もう一つはこれ、四葉のクローバー!!と言いたいところですが、この日は5つ葉を見つけましたよ。

140423itutuba.jpg

投稿者 Kosodate : 14:23 | コメントする

2014年04月09日

よろしくお願いします

1404111.jpg
はじめまして
4がつより、ふくおか子育てパークのHP管理人をさせていただくことになりました
管理人Fです♪

福岡に来て18年、長女はこの春高校に入学しました。
その間、子どもたちを連れて何度も利用した福岡県立社会教育総合センターに
ご縁がありましたことを、とてもうれしく思っております。

皆さまにきちんとした情報をお届けできるよう、頑張ってまいりますので
どうぞ、よろしくお願いいたします。
(管理人F)


投稿者 Kosodate : 15:40 | コメントする

Copyright© 2005 Fukuoka Prefecture. All Right Reserved.