子どもの望ましい行動を育む(はぐくむ)~Step4:「褒め方のコツやポイント」~

平成30年11月21日

はじめに

前号では、タケル君(仮名)が起きてくることができるための手助けと環境調整を考えました。するとタケル君は泣くどころか「おはよー。」と機嫌よく起きてくるようになりました。
最終回の今回は、子どもの褒め方のコツやポイントについてお話をします。
皆さんはお子さんをどのように褒められていますか。


どうして困った行動が繰り返されているのか

まずは、子どもがなぜ困った行動を繰り返すようになったのかを知っていただく必要があります。行動理論という考え方によると、「偶然、学習して身についた行動」ととらえられます。人は、自分が何か行動をした時、直後に発生した結果によって、その行動を強めたり弱めたりします。
例えば、お手伝いをして褒められると、お手伝いを繰り返そうとします。一方、何度も叱られるのに、同じいたずらを繰り返すことがあります。これも同じ考え方です。いたずらをした直後に、親が叱るという行動で子どもに注目をし、子どもは無意識のうちに親に構ってもらえたと受け止め、いたずらを繰り返してしまいます。

このように、やめさせようと思って叱ることがかえって困った行動を繰り返させてしまうということが少なくありません。


タケル君が毎朝、目覚めて泣き叫ぶようになった理由

そこで、タケル君のことを例にあげて考えてみましょう。
タケル君が毎朝、泣き叫ぶとママがタケル君のもとに駆けつけてくれます(図1)。じつはこの一連の行動の流れがタケル君の困った行動である毎朝目覚めて泣き叫ぶようになった理由です。「泣いたタケル君の元にママが駆けつけた」この行動がタケル君に毎朝泣き叫ぶ困った行動を繰り返させていたのです。つまり、泣くとママが駆けつけてくれるというメリットがあることをタケル君は学習してしまいました。

no4-1.jpg
  図1

 このように、親が良かれと思ってやっている行動も、時には子どもが困った行動を繰り返してしまう原因になることがあります。
 皆さんの中には、良かれと思って子どもを叱っているのだけれど、一向に子どもの困った行動が良くならないという方はいないでしょうか?その場合は、図1の一連の行動の流れにご自分の行動を当てはめてみてください。良かれと思ってやっている行動が逆効果だということに気づくことができる場合があります。

 
褒め方のコツやポイント

 そこで、困った行動を減らすためには、図2のように図1とは違う行動の関係性を作ります。
 前回でもお話ししましたが、タケル君が泣かずに起きてこられるような環境調整や手助けの仕方を工夫し、泣かずに起きてきたところを褒めるような工夫が必要となります。

no4-2.jpg
  図2

 「成功できるような条件を整えてあげて、すぐに褒める。褒めることを後回しにしない。」ことが褒め方のコツです。
その大前提に、前回お話しした環境調整や手助けの工夫をして子どもが望ましい行動をとりやすくしてあげることを忘れないでくださいね。 
褒め方のポイントは、

1)褒める内容は子どもが喜ぶ「こと」や「もの」
褒める内容は大人本位で決めずに、子どもと相談しながら決めると良いですね。
タケル君の場合は「褒め言葉とごほうびシール」でした。高価なものは必要ありません。
パパやママとの関わりの中で褒めることを意識してみましょう。

2)できた時にすぐ褒める                    
すぐに褒めることで、褒められた行動がわかりやすくなり効果的です。これを心理学では「即時強化」と呼んでいます。

3)子ども自身が何を褒められているかわかるようにする
「おりこうね」「えらいね」だけでは、何が良いのかわかりません。そこで、「泣かずに起きてきてえらかったね!」と、具体的に言葉で短く表現して褒めます。

4)シールなど物をあげるときには、子どもが自由に入手できないようにする
シール一枚でも大人が徹底して管理すると、そこに付加価値がつきとてもうれしい物になります。逆に、子どもの手に入りやすいものだと、ありがたみがなくなり効果が減ります。

5)褒められるように手助けをしてあげる
うまくいかなくても、できるように手助けをしてあげてください。最初のうちは、全て大人がしてあげても、できたことを一緒に喜ぶようにしてみましょう。これが成功体験の第一歩です。

 子どもが成功できるような環境調整や手助けをし、うまくいったらすぐに褒めることを心がけてください。その時には5つの褒め方のポイントを思い出しながら褒めることを実践してみてくださいね。そうすることが、子どもの望ましい行動を育むことにつながります。

今回で私の担当講座は終了します。
Step1からStep4までの講座内容を思い出しながら子育てを実践していただけると幸いです。そして、子どもも親も心がホッコリとし、笑顔がたくさんの毎日が送られますように。


 


 

< 前の記事     一覧へ