親の姿が最高のメッセージ

平成30年3月27日

みなさん、お子さんをほめていますか?
ほめる教育研究所 ほめる達人 竹下幸喜です。

毎年、1月2日、3日で開催される箱根駅伝、楽しみですよね。
地元出身の選手が走ると、チーム関係なく応援したくなりますね。
熱烈なファンは現地で、生で走る姿を応援したい!と思うことでしょう。
ご家族ならなおさらだと思います。
これは箱根駅伝に限ったことではありません。

例えば中学生ならば、夏に開催される県総合体育大会。
部活動をしている中学生にとっては、一番大きな目標とする大会の一つです。

この大会、大分県では、平日開催です。
なので、保護者の応援も、仕事を休んでの応援となります。
お父さん、お母さんだけではなく、おじいちゃん、おばあちゃんも
子どもや孫の晴れ姿を見るために、各会場に応援に来る大規模な大会です。

私も30数年前、この大会に陸上競技の選手として出場しました。
競技場のスタンドにシートを敷いて家族総出で応援するご家庭、
あるいは子どもには内緒でこっそりとスタンドの陰から応援するご家庭など
いろいろでした。

ですが、
この大会に私の両親は、一度も応援に来たことはありません。
というのも私の実家は豆腐屋で、商売をしていたため、
両親が仕事を休んで応援に来るということは一度もありませんでした。

「仕事を休むと、お客さんに迷惑がかかる。」

これが父の口癖でした。

県大会が終わって、夕方、私が陸上競技場から家に帰ってきた時、
父と母は汗びっしょりになって、明日の豆腐作りの準備をしていました。

私に気づいた母が
「大会どうだった?」 と聞いてきました。

私が、
「うん、勝ったよ!全国大会と九州大会に行くよ!」 と伝えると、
「よかったねー。」 と母が笑顔で喜んでくれました。

その母の横で父は、ニコニコ笑顔でうなずきながら聞いていました。
私はそれで十分でした。

その家、その家庭の応援の仕方があります。
支え方があります。
声のかけ方があります。
他の家と同じことをする必要はないのです。

父と母は、私を応援に来てはくれなかったけれど、
私は、父と母から十分に愛されている実感がありました。

汗びっしょりになって豆腐を作り、働いている父と母の姿がとっても好きでした。
お客さんのために一生懸命働く父と母を誇らしく思っていました。
だから、二人の笑顔を見るだけで十分でした。

子どもは一生懸命生きている親の姿を見ています。
子どもは、その姿にエネルギーをもらい、学ぶのです。

「ほめる」「叱る」も大事ですが、

お父さん、お母さんが一生懸命生きている姿が
子ども達にとって最高のメッセージとなるのです。


 

< 前の記事     一覧へ